2024年 2月 の投稿一覧

その「無茶ぶり」に愛はあるんか?

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーー

抜擢か?利用か?それが問題だ

ーーーーーーーーー

突然ですが、、、

「無茶ぶり」にも、愛がある無茶ぶりと
愛がない無茶ぶりがある、と感じるんです。

愛ある無茶ぶり というのは
相手の成長を願って、ちょっと上のステージを目指せる仕事を
まかせてみること。

無茶ぶり って茶化して言うけれど
その本質は「抜擢」ですね。

対する、、、

愛のない無茶ぶりは、
ただ単に
忙しい自分を助けてほしいだけ。

相手の都合はお構いなしで「やっといてくれ!」というやつ。
愛のない「無茶ぶり」にまみれているうちに
愛ある「無茶ぶり」に時間が割けなくなったら
本当にもったいないです。

ステージが変わる仕事は
もちろん、プレッシャーもあり
緊張もすごいけれども、、、、
迷いながらも「やってみたい」という気持ちが背中を押してくれるならGOです。

今までより考えることが増えるけれど
その時間は、色々自分を鍛えてくれる。

対する「愛のない無茶ぶり」の中にも
発見しようと思えば、(反面教師的なものも含め)色々学びはあるけれど
どこかで見切りをつけた方がいい。

ただ
お願いする側は
「無茶ぶり」のつもりはなくて
「まだキャパがある、できるだろう」と考えている、というケースも多々あります。
(あと専門知識がなくて難易度をご存じない、など)

この手の「無茶ぶり」は
睡眠時間を削って対応するのではなく
「この期日ならできますが、それ以前の条件だと厳しいです」など
毅然と交渉しましょう。

今日のこの仕事を断ったら次がないかも・・・という恐怖は
大変なものです。

が、

あまりにも「自分都合だけでオーダーする」という人は
ご商売もいずれ、うまくいかなくなる人です。
ビジネスの心得がある方は
愛のない無茶ぶりは、しません。

ちゃんと相談、打合せ、交渉に応じてくださいます。

貴重な人生、サポートしがいのある人に、仕えましょ。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

伝える順番と、信頼関係と、根底感情

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーーー

順番と「理由」が大事

ーーーーーーーーーー

先日テレビ番組で
青山学院大学駅伝部監督の原晋さんが
「授業」をしていました。

誰かを叱る場面
良いことと悪いこと
どっちを先に伝えたらよいか?

・・・・・・

どちらだと思いますか?

「あなたって、こういうところが素晴らしい。
私は内心いつも尊敬している。
だけどね。。。○○が良くないよ。直した方がいいよ」

「あなたって、○○が良くないよ。直した方がいいよ。
だけどね。。。こういうところが素晴らしい。
私は内心いつも尊敬している」

原先生の正解は、もちろん「後者」。
先に悪いことを伝え、最後に良いことを付け足す。

心理学では
「初頭効果」といって
最初に好印象の情報があるほうが
印象がよくなる、という法則がありますが・・・

こと「叱る」など「率直に伝えることが必要な場面」では
一瞬持ち上げて落とす、というのはダメージが大きく
最後は上げる↑で、締めくくる。

実際の場面では・・・

「こう言ったらどう思われるかな?傷つかないかな?」と
逡巡すると
最初に率直なことから話すのを躊躇してしまい、、、
あれこれ褒めた後に
最後に、ようやく言いにくいことを伝えてしまう。。。

結果、気まずい時間が待っている、なんて失敗
思い当たる事ありませんか?

信頼関係が出来ているとスパッと率直に伝えられるものが、
うまく言えない状況も、あります。

伝える順番も大事ですが、
何よりも「根底感情」
相手を信頼する気持ち、応援する気持ちがセットで必要。

「伝える」は大事な仕事だけれど
ゴールは、「伝えること」ではなく
伝えてもらった人が、日常で活かすとき。

伝えるときに勇気が必要な場面がきたら、
自分がしてもらった恩、
かけてもらった愛情を思い出すことで
一歩、踏み出したくなります。

もちろん、誰かに伝える時だけでなく
自分が自分自身に伝えるときも、
この順番と、根底感情 どっちも十分に活かせます。

レッツトライ!

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

「うまく伝わらない」ときにチェックしたいこと

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーー

今まで、どれだけ聞いてきたか

ーーーーーーーーー

先日ある勉強会の二次会で
「50代になったら、もっと大人になっていると思っていた(笑)」と
笑って言った人がいました。

「きっと、それって
70代になっても、80代になっても内心そう思っていて
そんなに変わんないんでしょうね」みたいなことを言い合って
みんなで笑いました。

そう。幾つになっても
そのステージで、内心、何かを悩んでいる人は多い。
(中には個人的な悩みは卒業し、世の憂いのステージもありますが)

なので、例えば部下がいた場合
チームメンバーがいた場合
相手が、まったく何も悩みが無く、
「あなたの話を今すぐ聞きたいです!」と準備万端!!で待っている確率は低く、
反対に
何かしら壁や課題や、疑問を抱えている確率は、高いです。

なにかを「伝えよう」と思ったときに
「こう思ってほしい」と思ったときに
リクエストする前にチェックしたいこと。

それは・・・
先週、先月、どのくらい、相手の話を聞いたかどうか。

昨日のブログに書いたように
温まっていたら、氷解しやすいですが
その逆だと、伝わりづらい状態です。

https://ameblo.jp/s/embed/reblog-card/omakaseypp/entry-12841899111.html?reblogAmebaId=omakaseypp&isLightPreview=true

伝える前に
まずは、どういう状態にあるのか
話をよく聞いてみると
自分のほうが、相手を誤解していたケースや、
思い込みに気づくことがあります。
(とくに「絶対〇〇!!」と言っている時ほど、絶対ではない(笑))

私が過去何度もやった「しくじり事例」ですが
聞いたそばから、アドバイスを始めてしまい
結果、相手は「また聞いてもらえなかった」とがっかりする、
このパターンは避けたいですね。

「聞く」と「叶える」もまた別物で
相手自身が乗り越えるべきことだったりする場合
手を貸すことが有効ではないときも、ある。

聞く。
見守る。
任せる。

人により、ケースにより
かけるべき言葉やタイミングも違うし
心の温度を上げるのは本人なので
聞く、より、待つ、の時期もあります。

ただ、もしも今 あなたが
「伝えたいことが伝わらない」で悩んでいたら
「自分がこれまで聞いた量」を一度チェックをしてみましょう。

その気づきも、
チャレンジしたこと・悩んだことの「報酬」です。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

温度って大事ですね

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーーー

温度が変わると、できるようになる

ーーーーーーーーーー

さっき、台所に立って
お皿を洗っていたんです。

冷たい水だと、こすっても落ちにくい汚れが
温かいお湯になったら
するりと、力を入れなくても落ちた。

あたり前なんですけど
思うわけです。

人間も同じだなーと。

心が冷たく固まった状態になると、
どんな言葉も響かないけれど
温まっている状態なら、
すーっと入ってくる。

心をあたためる、というのは
大事ですね。

で、どうしたら
自分の心があたたかくなるかを
知っておくことが、大事ですね。

思いっきり遊ぶことで
心の温度が上がることもあれば
一人静かに過ごす時間や
たっぷりの睡眠と食事が、温めてくれることもある。

話を聞いてもらう時間が 
固いものを氷解させてくれることもある。

それと、、、

ありのままの自分を受け入れる
出来ない部分もふくめて愛する ということも。

とにかく、温度って大事です。

三連休、いろんな大切なものが、あたたまりますように。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

それ、事実と違うから、気を付けて!

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーーーーー

損な思い込みが多すぎる

ーーーーーーーーーーーー

きのう参加した勉強会の二次会で
席にいたお一人が
「正しいことだけやっていたら、儲からないですよね」と
ぽつりと言いました。

いやいやいや、、、そんなことないです。

正しいことをしないと、儲からないですよ。

ところが
儲かる会社はズルいこと、悪いことをしていて
バカ正直に生きていたら、貧乏から抜け出せない。

そんな「思い込み」「イメージ」
けっこう独り歩きしていて
中には、ガッツリ信じている人がいます。

もったいないです。

でも、、、私も思い返せば
ちゃんと稼げるようになる前に、そんな風に思っていた時期がありました。

世の中によいことと経済を成り立たせるのって簡単じゃない、と。

そんな思い込みを排除して
収益を継続的に出している方のやり方を素直にみると
正しく、しっかり、稼いでいる。

たしかに
ズルをして一時的にお金を得ている悪人もいるけれど
前述したように
「悪いことをしないと儲からない」と思い込んで
儲からないのを「当たり前だ」と思ってしまったら
本当にもったいないです。

「損している思い込み」、、、他にもあります。

例えば
「経理はコストセンター(稼がない、人件費だけかかる部署)だ」も
ひどく間違った思い込み。

「経理は経営管理で、会社の収益に大いに貢献できる重要部署」で
コストセンターではなく、コストマネジメントセンター。

ほかにも
長時間労働しないと儲からない、というのも、思い込み。
就業時間を短くしてから収益が上がった会社は、枚挙にいとまがありません。
(おかげさまでYPPも、その中の一社)

企業理念を唱和している会社は
「宗教みたいで怪しい」も、思い込み。

働く人全員の幸せのために、
みんなでまじめに正しいことに取り組んでいる会社は
必ず、理念を大事にして、しかも日々の行動に落とし込んでいる。

勉強するのが大変、も思い込み。
勉強しないほうが、ずっと苦労が続くからずっと大変。

高いクオリティを目指すのが大変、も思い込み。
低いクオリティのままだと、苦労が続きます。

「うちは特殊だから、アドバイスが当てはまらない」も、思い込み。

つまり・・・

やるべきことをやればやるほど
改善されて儲かっていく、というのが、本当のところです。

ズルなんて、しなくて大丈夫!
安心して、勉強して
良心に恥じない、良い仕事をしていきましょう。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

同じことを見ても、捉え方が違う人

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーー

矢印を自分に向ける人が好き

ーーーーーーーーー

今日は2月22日
にゃん・にゃん・にゃん 猫の日ですね♪

というわけで、
本題に関係ないですが
我が家の愛猫 ミクちゃんの寝顔をアップです。
ああ可愛い。。。(すみません、親バカです)

さて。。。ここから本題です。

 『カスハラ(カスタマーハラスメント)をする人は、
世帯年収1000万円以上の40代50代の男性が多い』

というニュースが流れて
それについて
ブログ記事にしている人達を見かけました。

面白いのは、

「自分も気をつけなきゃ」と書く人と
「いるよねー、こういう人、ヒドイ」と
自分はその枠に当てはまらない前提で書く人の2方向に分かれていたこと。

私は、
自分の身に置き換えて
「気をつけないと」と書く人が好きだな、と思いました。

自分は絶対他人を不快にさせたことがない、と
言い切れる人の方が少ないはずだから。

往々にして、無自覚のうちにやっている。

カスタマーの時だけでなく。

無自覚なのにどう防ぐんだ?!ということになりますが
【人のフリみて我がフリ直せ】で、見かけた時が学習チャンス。

お客様側、提供者側の役割はあっても
上下関係ではない、ということです。

威圧感出して、大声で主張する人は
「ああものすごい反面教師に出会ったな」と思って
内心で
「決して真似しないようにしよう」と
自分の在り方の参考にさせていただく。

また、そのようなクレーマーを今後防ぐには
どうしたら良いか、と真剣に考えることで
【組織の改善に役立った方】と心の中で感謝しておく。

改めるべきところあれば改めるけれど
もし「私の何が悪かったのだろう」と落ち込みそうになったら、
アドラー心理学をぜひ参考にしてください。

『人は、目的達成のために怒る』

同じ現象でも
相手によって、怒ったり怒らなかったりと
態度が変わる人がいます。

つまり、

現象そのものが『怒り』の原因ではない、と
アドラーは指摘しているんですね。

その時の怒りの『目的』は
例えば、相手を従わせたい とか
自分を構ってほしい など。

『怒りたいから怒っている』
『目的達成のために怒るという行為に出る』
とアドラーは、怒りの要因を解いています。

だから

カスハラが出来るだけ起きないように、

自分は誰かに対して
『自分の意向に従わせたい』
『自分を構ってほしい』という欲求を持ちうる
という「人のサガ」を心得ておく。

そして、それに遭遇したときは
相手の要求は要求として、
自分が原因で
その理不尽な出来事が起きたのではない、と
問題を切り分ける

いずれにしろ、
自分は無関係、絶対やらない
と思うより
気をつけよう、と
思っておく方が
無自覚な『発動』を防げます。

カスハラを受ける人、する人
少しでも減りますように。

私も、気をつけます!

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

好調な会社のトップが言っていること

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーーーーー

人と同じことをしない

ーーーーーーーーーーーー

本日参加した交流会の学びからシェアです。


長寿企業を長年率いてきている大先輩が何度もおっしゃることがあります。

「みんなと同じ考えを持ちたくない」
「自分はどう思うか、を考える」
「ふつーの会社は儲からない」
が口癖です。

(あと・・・「国とは仕事しない」も(笑)←同感です)

そう。
よそと違うから、選ばれる。

だから
「まわりと同じだと安心する」という考えは
ことビジネスにおいては捨てた方がいい。

株(投資の世界)の有名な格言のひとつに
「人の行く道の裏に花あり」という言葉があります。

商いも、まさにそう。

いい意味で、抜きん出る。
「圧倒的」を最初から狙わなくても
小さな違いをコツコツと積み重ねる。

続けていくと
やがて、しっかりとしたカラー(違い)が出る。

こだわりポイント、得意なところは
人により違っていい。
「人に合わせる」のではなく「我が道を行く」。

だから、、、
学校教育のなかでちょっと古い価値観の「みんなと一緒」みたいなことに
窮屈さを感じる人は
将来有望だと、個人的に思っています。

子供のころ、母に
「よそはよそ!うちはうち!」と言われて
その時は「よそと同じがいいー(おもちゃ買ってー)」と泣いたけれど
あれは正しい教えだったな、と今つくづく思います。

もし、
このブログを読んでくださる方の中に
人と違うとちょっと不安になる、という方がいたら
「違っていることが、いいんです!」と声を大にして言いたくて書きました。

どのチームも、いろんな人がいて
それぞれの強みを生かすから、良いんですよね。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

ブルーになったときの自分の「癖」があります

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーーーーーーー

大きいものをつい求め過ぎる

ーーーーーーーーーーーーーー


『結果が出にくい人は、目標設定が大きすぎ』。自分でブログにこんな記事を書いておきながら・・・です。

https://ameblo.jp/s/embed/reblog-card/omakaseypp/entry-12840276877.html?reblogAmebaId=omakaseypp&isLightPreview=true

心の調子がわるい時、憂鬱な気分になっている時の自分は
まさに、この状態に陥っている!という気づきがありました。

昨日より一つでも学んで前進しているのだから
それを良し!とすればよいものを
優れた人を見て、理想と違う現実を見て
「自分は、まだまだだ」と比べて落ち込む(笑)。

自分が描いた世界とちょっと違うだけで、顔が曇る(笑)。

まだまだなのは、めちゃくちゃ、あたり前なんですけどね(笑)。

でも・・・

以前より着実に成長していて
今日、思いがけず、褒めてくださった方もいた。

間違いなく数年前では
褒めてもらえない内容だったはずで
本当に確実に前進していた。
(そして、それは自分一人ではなく
回りの大勢の人の真摯な仕事、気配りや愛があって実現できたこと)

そんな良いことが起きたにも関わらず
前向きに高い理想を求める元気な自分を忘れ
よかったことにフォーカスするのを忘れ
ああまだまだだ、とブルーに思う日は
比べても仕方のない人と比べていることが多いです。私の場合(笑)。

で、
そういう「癖」に気づけたら
よし!学習した!とまた笑顔で一日を締めくくる。

結果、寝るときには明るく元気になっている(笑)。

そして、一旦気持ちが上向いてくると
「こんなジェラシーを感じるくらいに優れた人と出会えたこと自体が凄い」と
幸運に感謝する気持ちも湧いてきます。


こういうことって、誰しも思い当たるんじゃないかと思って
心の空模様の変化を正直に書きました。

寝る前には、
ちゃんと「美点凝視」
よいところを見つけて
自分の機嫌をとりましょう。

落ち込むのは成長欲求の現れだから
向上心が強い、と自分で言い換えましょ。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

クレドの一番最初に書いてあること

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーーーー

とにかくやってみる

ーーーーーーーーーーー

YPPクレド(行動指針)は5つから成っています。

何度でも とにかくやってみる

何度でも 改善ウェルカム

何度でも 優しさプラス

何度でも 今日言う(共有)

何度でも 楽しむ

一番上にあるのが「とにかくやってみる」

やってみないことには分からない。

でもこれが一番上にわざわざ書いてある
ということは
とにかくやってみる が、以前は習慣ではなかったのです。
(大事だとは思っていた)

やる前に
やるべきかどうか、、、迷うこともあったし
それは周りがやっているか、、、確認することもあった。

今では考えられないけれど
出来る気がしない、、、と
目標設定を放置していた時期もありました。

そう。

色んな事をやる前から、いや、やらないからこそ
「出来ない」と思い込んでいました。

自分よりうまくいっている人から
「やったほうがいいよ」と勧められても
「まだ自分には早い」とか、勝手に決めつけて尻込み。。。

でも、やってみたら・・・
やってみて分かることばかり。

やってみることで
ああもっとこうすれば良いんだな、ということが
体感できました。

そして・・・

紆余曲折あって
みんなで考えたクレドのトップに
この「とにかくやってみる」が掲げられました。

不思議なもので・・・
こうやって
明示(明確に言語化)されたことで
みんなの日常会話に
「とにかくやってみる」が使われ始め
「とにかくやってみる」が
社風の一つになってきました。

ちょっと躊躇するときがあっても
「とにかくやってみる!だよ」と。

で、やればやるほど
「やってみないと、分からないよね」が全員の体験談
共通の価値観になっていきます。

つまり、本当に「やってみる」って大事。
そして、文字にするって大事。

あなたの大切なチームでも、個人でも
ぜひ
大切にしたいことを言葉にして、掲げてみましょう。

もし以前掲げたものの
掲げただけになっていたら、
飾っている場所から降ろしてみて
磨いてみませんか。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

あの時のアレがあったからこそ

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーーーー

その瞬間は、辛かったけれど・・・

ーーーーーーーーーーー

このブログを再開したのは去年の9月8日でした。

きっかけは
あるお客様からのお叱りの言葉。

あなたの会社はなっていない!
企業理念が全然浸透していない!と。

今思えば、この一言が
去年の私には一番ありがたいお客様の言葉でした。

理念浸透について
十分に手を尽くしているとは言えず
週一のメルマガ配信と週一の研修で、「やっているつもり」でした。

確かに、週一と毎日では
メッセージ量が違います。

習慣とは、毎日やらないと気が済まないくらいに
「当たり前になること」。

あの時、耳に響いたお叱りの言葉は
今も耳に残る音量で
仰っていただいた方には本当に申し訳なく思いますが
一方で、
アレがあってよかった、と今しみじみ思うのです。

思えば・・・「アレがあってよかった」ばかりです。

「苦肉の策」の場合は
「アレがなかったからこそ、努力できた・続けられた」ということばかり。

起きた直後は「よかった!」とは思えない出来事こそが
今の行動や考え方に大きな影響を与えています。

起きた直後はとても感謝できない、と思ったことで
いま感謝できることがあれば
それは大変良い学びだったということ。

そういうことが幾つも起きていることが
成長の証です。

あなたの「アレがあったからこそ!」は何ですか?

そして、今なら心から感謝できますか?

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。