ふと考えたこと

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

質問をされたときに、とっさに・・・

一人でも多くの人に仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーー

まず、一言

「ありがとうございます」と

返しながら、考える

ーーーーーーー

想定していなかったことを
質問されることって、あります。

いきなり、
「知りません!」
「わかりません!」と
堂々と答えると、心象はダダ下がりします💦

そんな時は、まず一言
「ありがとうございます」と言いましょう。

一言発すると、落ち着きます。

質問をしてくださって
ありがとうございます。
関心をもってくださって
ありがとうございます。

質問に
「ありがとうございます」の出だしで
回答するのは、不自然ではないです。

「ありがとうございます」と言いながら
すぐ答えが見つからなければ、

「そうですね。
 大事なご質問なので、
 よく考えてご回答させてください」と時間をもらうのも、一手です。


「少しお時間ください。
 お返事は、〇日あたりまでで大丈夫ですか?」と
期限も決めれば、一旦落ち着きます。

慌てて
その場しのぎで、あまり検討していないことを
答えてしまうよりはずっといい。

「ありがとうございます」は
いろんな場面で使えます。

もちろん、回答できる質問にだって
最初につけてみてください。

「ありがとうございます」は
お互いをHAPPYにするパワーワードです。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

自分の時間を誰かに振り回されている

一人でも多くの人に仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーー

そんな時期がある!

そこから今、すごく学んでいる。

いつか活かせるときがきっと来る。

ーーーーーーーーー

ようやく着替えさせて玄関を出た瞬間、
息子(当時3歳)が転んで水たまりにダイブ!
・・・で、また家の中に戻る。

同居している義母が
(認知症で)行方不明となり
仕事をキャンセルして警察に連絡をする。

義母の通院の帰り道
足が悪いのでタクシーを拾いたくても
駅の近くだとタクシー乗り場にまで行かないと乗れないルールで(涙)
ぐるりとロータリーを一周して、タクシーに乗れるまでに
なんと!病院を出てから1時間かかった・・・。
(一人なら5分で行ける道程に1時間!ほんとに・・・。
 実際やってみたら、そうなるってわかる)

子育て期、介護期は
ハプニングの連続でした。

予定通りにいかない日々
疲れ果てているのに眠れない夜。

つらいときは、
「つらい」って認識するのを避けようと、
脳が蓋をする。
(本当にマヒしていました)

ブログには書けない
生々しいことが、沢山起きる。

今、そんな時期を過ごしている大勢の方に
お伝えしたいです。

誰かのお世話をしている時間に
人間力が
間違いなく、磨かれています。

タイムマネジメントの本とか
世の中に沢山出ているけれど
誰かにお世話してもらいながら
フルタイムで出勤できていることが前提のものが多く
参考になるものが、少ないですよね。

現実は、
自分以外の人のお世話で
大半の時間を使っている人が多いもの。

とはいえ、、、

ずっと同じ状況ではない。
必ず長いトンネルを抜け出て
自由な時間が増えるときがくる。

その日に向けて
今日をできるだけ心穏やかに過ごすのに
自分なりに「目指すもの」をもっておきましょう。

理想と現実にはギャップがあるけれど
「いつか、こうなりたい!」という
未来に向けて空想する力は
やがて自由な時間が増えた時に、
自分を後押ししてくれる、頼もしいエンジンになります。

今日、誰かのお世話の時間を過ごしている
すべての人にエールを送ります。

資格取得とかには関係ないけれど
人生で大事なことを
今日も学んでいるし、人として成長しています。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

必ず、物事は好転する

一人でも多くの人に仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーーー

但し、
それなりに時間がかかる

ーーーーーーーーーー

「どん底から、こんなにうまくいくようになりました」
「見違えて、良くなりました」
「自分でもまさか、ここまで素晴らしい結果が出るなんて」

そういう Before After の体験談を
聴くことがあります。

そして私自身も、大きな大きな Before After を体験しました。

大抵の場合、
うまくいかない時期が数年ぐらいあって

自分のやり方や考え方がいけなかったと気づいて

そこから、あり方・やり方を変えて

更に何年かの変わっていく必要なプロセスがあって、、、

合計すると、数年から十数年かかっていたりします。

人が変わって、
周りが変わっていくのって
一日や二日じゃないんですね。

でも、
大切なことに気づいて
やり方を改めて
続けていったら、
効果が出ないわけがない。

やがて
見違えてよくなることは、事実。

ある程度時間がかかるのだから
いま結果が伴っていなかったとしても
これだ!と決めた方向に向かっていること自体
「素晴らしい」と思って
そのプロセスを楽しんでいきたいですね。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

健やかな日常のために、生活習慣をじわじわ変える

一人でも多くの人に仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーー

良い情報を取り入れる習慣

ーーーーーー

しっかり学んでいる人は
自分の耳に入る言葉、目にする言葉を
「良質なものにする習慣」があります。

不都合な真実から目を背けるのとは違って
事実をとらえることは必要で、
とはいえ
不用意にネガティブワードにさらされるのは
極力、防ぐ。

前向きな人が集まる空間に身を置く。
力をもらえる本を読む。

耳にする言葉
目にする言葉が
良いものになるように。

本を読む時間を捻出するには
それなりの工夫が必要ですが、
「類は友を呼ぶ」で
自分の口癖や表情を見直すことなら
時間をかけず、すぐ出来ること。

コツは
目の前にいる人、周囲の人を
「喜ばせよう」「笑顔にしよう」と思うこと。

最近体験した楽しい出来事を思い浮かべるのも
けっこう有効です。

今日すぐに変わったように見えなくても
続けていると、効果は絶大。

身体によいものを摂り入れるのと同じで
じわじわ、じわじわ
生活習慣が変わります。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

思い込みを外そう!

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーー

・・・とは限らない!という

マジックワード

ーーーーーーーー

世の中、
思い込みにあふれています。

「経験がないと難しい」
「頭が良い人でないとできない」
「女性だから・・・」「男性だから・・・」
「もう歳だから」

すべて、思い込み。

そして、やらないで済む免罪符にみえる。
(もちろん実際は免罪符ではない)

「経験がないと難しいとは限らない
「頭が良い人でないとできないとは限らない
「女性(男性)だから・・・とは限らない
「歳だから・・・とは限らない

並べてみると
思い込みより
事実のほうが、明るい見方になります。

正確にとらえるほど、明るくなるのです。

やってしまえば、出来るもの。

ネガティブな思い込みに囚われてそうになったら、
「・・・とは限らない」と語尾に付け足しましょう。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

感動は一人では作れない

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーー

素晴らしい仕事には必ず、

優れたチームワークがある

ーーーーーーーーー

本日は、YPP20周年記念パーティーでした。
Oviceとディズニーシー・ホテルミラコスタのパーティー会場をつないで
オンライン参加40名、リアル参加37名で盛大にお祝いをしましたラブラブ

(本当はお見せしたい集合写真は、また後日・・・)

何カ月も前から
YPP社員が一丸となって
企画をゼロから考え、検討を重ねてくれ
私は中身を知らされておらず
「会場に来てからのお楽しみ」。

ホスト代表でありながらも、
特等席のいち観客としてワクワクしながら、
パーティーを楽しみました。

ホスピタリティに溢れ、サプライズもあり
笑いあり、涙あり(私はホロッときてしまいました笑い泣き
身びいきながら素晴らしいパーティーで
もし一人で企画・準備していたら
決して成し得ないことでした。

一昨日、We are smarter than me!! という記事を書きましたが
よい仕事、感動を提供する舞台裏に
素晴らしいチームワークがあること

社員全員から改めて体感させてもらった一日でした。

意見の違いがあっても
「一人でやったほうが早い」なんて思わず

お互いの良さを認め合い、励まし合い
協力しあうチームづくりに労を惜しまないことが
遠回りにみえて、一番たしかな道ですね。

やっぱり、We are smarter than me!!!  なんです。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

ロープレをやる人は必ず伸びる!

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーー

練習で出来ないことは

本番で出来ないから

ーーーーーー

本日、
あるロープレ指導の時間がありました。

物事に「絶対」は中々ないですが
仕事でちゃんと事前練習をする人は
必ず、伸びる!

これは断言できます。


緊張するし、
自分の下手さ加減に落ち込むこともある。

でも、
やってみると気づけることだらけ。

やる前には
ぼんやりしていたものが
やってみると、ハッキリする。

最初のうちは、
やってみてもぼんやりすることもあるけれど
回数を重ねたら、本当に変わっていくのが自分で分かる。

ロープレはなにも営業職だけのものでなく
なにかのヒアリングや相談・交渉が必要なのは
バックオフィスでも、他の職種でも同じです。

「苦手だから・・・」と練習しないままの人と
「苦手だからこそ」と練習をする人では
間違いなく差がついていきます。

ロープレをやる習慣
とってもおススメです。

ぜひ、上司に、仕事仲間に
「ロープレやりたいです。お時間ください」と声をかけてみましょう。

その声掛けに応じてくれる人も
絶対、伸びる人です。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

We are smarter than me !!!

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーー

一人での限界は、

意外と早く来るから

ーーーーーーーー

リーダーやサブリーダー
プロジェクトを推進する役割になった人は
チームがうまく回り出したときに
「We  are  smarter  than  me」を実感します。

最初は、
バラバラでまとまりがない意見の前に
一歩も進まないように思えたり
一人でやるほうが早い!と感じたり・・・

でもそこで
本当に一人でやってしまったら
その先は、行き止まり。

「どうしたらうまくいくんだろう?」
「なぜ、このプロジェクトは必要だったのだろう」と
時に原点にまで立ち返り、考え続け
発信の仕方をあの手この手と変えてみて・・・

一人、二人と協力者を得ていくプロセスで
誰より学べていると周りに感謝した瞬間から
テコでも動かないように思えた大きな歯車が回り出します。

そして
一人では決して成し得なかったことが
集団で達成されていく。

「We  are  smarter  than  me」
これを実感できた人は、強いです。

人を巻き込む技術は
間違いなく、習熟していきます。

何かのお役目に挑戦しようと思ったら
それは、間違いなく成長チャンスです。

向き不向きではなく、
持って生まれた才能ではなく、
経験から「人間」を学んだ人が
人に恵まれていきます。

いくら本で読んだとしても
人の話で聞いたとしても、
経験に勝る宝はないです。

今未経験であることは問題ではなく、
むしろ「のびしろ」!
ぜひ、来たチャンスはものにしてください。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

「すみません」より「ありがとう」を使おう!

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。

ーーーーーーーーー

謝りすぎていると

対等になりづらい

ーーーーーーーーー

ある病院で
「患者様」と呼んでいたら
次第に患者が医療スタッフに対して横柄になり、
「〇〇さん」と呼称を変えたら現象が収まった。

そんなエピソードを聞きました。

YPPでもチャットの中で
丁寧な返信を心がけるあまり
けっこう謝ってしまうなぁと感じるときがあります。

当日中に返信しているのに
冒頭に「遅くなりまして申し訳ありません」と
書いてしまう・・・。

私も過去に
けっこう使っていた気がします。

スピード重視!
即レスありき!みたいでしたが
ある日、
「お詫び」を使うのを(極力)やめました。

代わりに、、、

「ご連絡ありがとうございます」と
 お礼を伝えるように変えました。

「ありがとうございます」は、
多用しても、悪影響がない。

1週間も待たせてしまって
返信を忘れていたら
「お待たせして申し訳ありませんでした」と
素直に謝りますが
48時間以内返信だったら許容範囲。


よほどの緊急性が双方になければ
連絡をした相手に
私も即レスは求めないし、
翌日の返信に怒ったりしません。
(即レスでないと激怒する人とは、そっと距離をとる。。。)

山手線がほんの1,2分遅れても
お詫びのアナウンスが流れるとき
内心「謝りすぎないで~」と思います。

「すみません」より
「ありがとう」を発する・聞く・見る文化に
ぜひ賛同して、協力してほしいです。

日本を明るく優しくするための、ささやかなお願いです。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

「辞めます」と言われないマネージャーがやっていること

一人でも多くの人に、仕事の喜びを
バックオフィスもHAPPYにするYPP 五味渕です。


----------

その人のステージに

言葉を合わせる

----------

仕事において
(特別おめでたい事情は別として)
「辞めたい」という連絡は
する方もされる方も辛いもの。

辞めたい理由は色々あれど
相談が持ち上がる殆どの場合に、
人間関係のこじれがついています。

人間関係が出来ていたら
問題にならないことが
関係が崩れて
大きなダメージになってしまう。

理由を紐解いていくと
ほんの一言にキッカケがあったりします。

伝えた方は
相手のダメージは全く想定しておらず、
悪気もなく
伝えるのが業務上必要と思って
仕事の一貫で伝えている。

でも

受け手はそうは感じていない。

このパターンの解釈違い
全部は防げなくても、
発する側が工夫できることはあります。

それは
自分基準ではなく
相手の段階(ステージ)に合わせること。

例えば
「自分で考えると経験値が上がるから
ここは自分で判断してもらおう」というケース。

「最終的に責任はチームで引き受けられるから
試しに自分でどうやるか考えてみて」
とセーフティーネットのある説明が必要な人と、
「あなたに任せた!」が心地よく受け止められる人では
これまでの経験値、ステージが違います。

期待したつもりが
放置した、と思われてしまった経験があれば
相手のステージによって
どんな言葉が有効か
引き出しを増やす教材にしましょう。

一緒に働く人の価値観やステージに
心配りができると
自分の仕事の幅も広がります。

今まで「自分がそう思うから」と
発していた言葉を
「このステージなら、
どれが受け止めやすいか」に変えてみるだけで
同じ人が
一年後、二年後に見違えるほど成長します。

<YPPがLINE公式アカウントに登場!>
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。