2019年 4月 の投稿一覧

走れ東北!移動図書館プロジェクト

走れ!東北図書館プロジェクトの集合写真

こんにちは。
おまかせ事務代行YPP 五味渕です。

元号の変更に伴うドタバタや
10連休前の準備などなど
気忙しい4月後半ですが、忙中閑あり。

たまには、事務カフェプロジェクトの寄付先である
東北支援をされている方々やプロジェクトをご紹介したいと思い立ちました。

2013年度~2016年度の4年間にわたって
寄付させていただいたのは、
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会さんの
走れ東北!移動図書館プロジェクト

ホームページには下記の通り
プロジェクトの趣旨が書かれています。

東日本大震災により、岩手・宮城・福島の東北3県では、多くの図書館が大きなダメージを受けました。
図書館は、読書をするためだけの施設ではなく、情報が集まり、人々が集う憩いの場所という側面があります。
緊急救援から復興へと向かう中、安らぎや知識を得られる本を通じて、自由に交流できる場づくりをサポートするため
移動図書館活動を行ってきました。
(※2017年3月末をもって、岩手、宮城、福島での移動図書館活動を終了)

本が大好きな私としては、とても共感できるプロジェクトです📚

私自身、色々と思い悩むとき
本の中に救いを求め、
本の中の言葉から光明を見出し
またがんばろうと元気と勇気をもらうことがしばしばあります。

小説を読めば、一瞬で非日常の世界に導かれ
想像力をふくらませる時間は、至福の時といっても過言ではありません。

辛いことが多い避難生活で
衣食住だけでは満たされない心身を
この移動図書館プロジェクトで運ばれた本たちが、
食物とはちがう栄養を心に注いだであろうと想像します。

 

本ブログでは3県の活動のうち、とくに福島県の実績を転載させていただきます。

 

福島県南相馬市では、東京電力福島第一原子力発電所から20キロ圏内にある小高区から避難している方たちも大勢暮らす、市内鹿島区、原町区の仮設団地を移動図書館車で定期的に訪問しました。活動後半、相双地域を中心とする曹洞宗寺院の関係者や、市立図書館職員が毎回のように応援に来てくださり、移動図書館はその後、市立図書館に引き継ぎました。このほか、移動図書館車1台を、宮崎県小林市に寄贈しました。

活動期間:2011年9月26日~2017年3月31日
貸出冊数:約9,300冊
利用者数:約5,400人
後援:福島県立図書館 / 南相馬市教育委員会

移動図書館プロジェクトのバス

移動図書館プロジェクト貸出風景

震災直後ではなく、
中央のメディアが注目されなくなってから
地道に意義ある活動を続けた方々には、本当に頭が下がります。
活動は、1冊の本にもなっていますので
ご興味ある方はぜひご購入ください。

走れ!移動図書館プロジェクトの本

走れ!移動図書館  本でよりそう復興支援
発行:筑摩書房(2014年1月)
著者:鎌倉幸子

序章 東日本大震災のこと、自分にとっての本の存在
1章 なぜ移動図書館なのか
2章 読みたい本を読みたい人へ届けるために
3章 本を読むこと
4章 本のチカラを信じて
おわりに 衣食住と本と

Amazonで購入する

桜満開

こんにちは。山口です。
週末、東京・埼玉辺りではお天気が良く桜を楽しむ絶好の桜日和でした🌸
開花宣言がされてから気温が低かったせいか、開花がゆっくり進んでいるような感じで
今年は長く桜を楽しめているような気がします。

メンバーのHさんが素敵な桜の写真を送って下さったのでこちらに載せたいと思います(^^)
IMG_0945
氏神様の千葉、検見川神社の桜。

IMG_0915
東京、白山神社の白旗桜。

iPhoneで撮影されたそうですが、青空とマッチした桜、とても素敵ですね🌸

今年は他にもたくさんの桜の写真があるのでご紹介したいと思います!
IMG_1902
福岡の桜。
下から眺めるものと思っていましたが、上から見ても圧巻の景色です。

LRG_DSC00805
東京。千鳥ヶ淵の桜。
東京の桜スポットの定番です。
沢山の人がボードに乗って桜を楽しんでいますが、外国の方が多い多い!

IMG_1887
埼玉県戸田の道満公園の桜。
穴場です。こんなにたくさんの桜にまみれることができるのに
人がとても少ないんです!

皆さんはどこの桜を楽しみましたか(^^)?