お知らせ一覧

月曜メール

YPP月曜メール  私の思うことVol.714 【健やかであるために、良いものを選ぶ】

おはようございます!
新緑の美しい季節ですね。
今日の関東は終日雨で、明るい太陽は拝めませんが
恵みの雨に草木が喜ぶ日と考えたいと思います。


さて、健康的であるためには
バランスの取れた食事、睡眠、運動が必要ということは
(出来ているかは別として)知識として知っています。

食事も、体に良いものを口にすると
肌がきれいになったり、髪に艶が出たり
身体が動く活力も生まれます。


そこで、ふと思ったのです。

食べ物と同じくらいに気を付けて
目に入れる情報、耳にする情報を良いものにすると
自分から出る言葉も、行動も
より良いものになるはず、と。

人は一日に35,000回ほど
色々な判断をしているのだそうです。
そのうち、ほとんどが無意識のまま。

良いものを意識的に入れていないと
毎日、ジャンクフードを口にしているようなもの。

無意識のうちに
自分が口にしている言葉や、とっている行動が
誰かのやる気をそいでいたり、
自分の成長を阻んでいることが、、、あるかもしれません。


先週の月曜メールでご紹介した
「『どーせ無理』をなくしましょう」という植松努さんの動画も
周りの人や自分の可能性を奪う言葉の怖さを説いていました。

自分のために
良い情報を目にする。耳にする。意識して選んでいく。

これは、とてもとても大事なことでした。

良い本や感動する映画、ドラマ、舞台をみると
活力が出ます。

逆に、無意識である時間は
(私の場合)ダラダラとSNSを眺めて
見る必要のない情報を、自分に入れてしまっています。

人の習慣はどういう時に変わりやすいか、というと
「やりたいことが見つかったとき」。

義務感では続かないですが
やりたいことがあると、次々と情報に(成長にも)貪欲になれます。

身体を健康にするために
できるだけ良いものを選んで食べるのと同じように
心を元気にするために
できるだけ良い情報を目に入れて、耳に入れる。

そうやって、自分をちゃんと大事にすることが
周りを大事に出来る人になる第一歩。

先週ご紹介した植松さんのように
「どーせ無理」の代わりに
「だったら、こうしてみたら?」を言える人になることは、とても素敵だと思います。


そのために、良い食事・睡眠・運動とともに
「良い情報」を取り入れる時間を意識的につくることが鍵。

それが習慣づけば、
一日二日で劇的に変わらなくても
一年、三年、五年・・・と、その良さはじっくりと効いてきます。

日常は、学びと実践の機会にあふれています。
今週も、少しでも笑顔の数が増えますように。


『一人でも多くの人に、仕事の喜びを』
おまかせ事務代行YPP
五味渕紀子

ーーーーーーーーーーーーー
魅力的な方々から教わった大切なことを
365日綴っています。
こちらも読んで頂けると嬉しいです。
https://ameblo.jp/omakaseypp

ページトップへ