メンバーの声

欲張りな希望を実現させてくれた、YPP 本田さん(千葉県)

写真:メンバーの声、T 本田さん(千葉県)欲張りな希望を実現させてくれた、YPP

欲張りな希望を実現させてくれた、YPP

小さいお子さんと接することが好きで、初等教育科を卒業しております。が、幼稚園教諭にはならず一般企業(一部上場大手電機メーカ)にて秘書業務に就きました。

長いOL生活を送っておりましたが、娘(2009年生まれ)の出産を機に在宅ワークに切り替え「ピアノの先生」になろう!と決意。
音大というブランドを持っていませんが、ピアノ講師(某音楽教室認定)です。
友人の協力を得てお教室を開き、現在数名の生徒様がおります。ありがたいことです。

娘が小学校に上がり、自分の時間が少し出来ました。
また外の社会とつながりたい。ですが、ピアノ教室も続けていきたい。
こんな欲張りな希望を実現させてくれたのが、YPPです。

知人からこちらのHPを紹介いただき、登録いたしました。昨年(2016年)のことです。
当初は、在宅にてデータの入力をしておりましたが、もともとは外に出ることが好き。
週に1〜2日程度、都内にて勤務。こんな募集が掛かった時、迷わずに応募いたしました。

かつてのオフィスワークも活かせ、お教室との両立も出来るこの環境が私にはとっても合っています。
適度に外に出ることで刺激を受け、家族に優しく出来るこの状況を気に入ってます。
細く長くお付き合いさせていただいております。

自分のペースで働ける場所 YKさん(埼玉県)

自分のペースで働ける場所

私がYPPを知ったのは妊娠中でした。
妊娠中だったため、お仕事は出来ないかなと諦めていた時に、お声をかけて頂き、お仕事をさせて頂くことになりました。

初めは不安がありましたが、体調が悪いときは労働時間を配慮して頂いたり、スケジュールを変更して頂いたりと、無理せず自分のペースで働かせて頂きました。

少しだけお世話になるつもりが、気づけば皆さんのお陰で里帰り出産の間際まで働かせて頂くことが出来ました。

今は、育児に専念していますが、また育児が落ち着いたらお世話になりたいと思っています。

たくさんの人と繋がり、仕事ができる環境に感謝! 玉井さん(福井県)

写真:メンバーの声、Tさん(福井県)たくさんの人と繋がり、仕事ができる環境に感謝!

たくさんの人と繋がり、仕事ができる環境に感謝!

私は、結婚を機に約10年勤めた会社を退職し、ほどなく妊娠、出産となり、現在4歳と2歳の息子がおります。

私がYPPを知ったのは、長男を出産した2013年の冬でした。
某テレビ番組を見たのがきっかけです。
その頃は「在宅といっても、関東圏内ぐらいしか働けないだろう」と根拠のない思い込みで、YPPのHPを見ることすらしませんでした。

しかし、次男も1歳を過ぎ、少しずつ時間に余裕が出てくると、「外で働きたい」という気持ちが強くなりました。
一方で子供たちはまだ自分で見たいという気持ちもあり、なかなか一歩が踏み出せなかった時に、YPPのことを思い出しました。
さっそくHPを見てみると、岡山や北海道、九州の方もメンバー登録されていて、これなら私にもできるかも!!と思い、すぐ履歴書を送ったのを覚えています。

メンバー登録をしてまだ半年ですが、現在は請求書作成業務や受注データ入力などのお仕事をいただいております。
YPPのスタッフもとても親切で、PC操作や業務でわからないことがあってもすぐに確認することができます。
また、私が担当している業務はチーム制なので、分からない箇所はすぐにチームリーダーやメンバーに聞くことができるのもとても心強いです。
YPPと出会えたことで、田舎に住んでいても、たくさんの人と繋がり、仕事ができる環境にとても感謝しています。

なんでもっと早く登録しなかったんだろう・・・と今では後悔しているくらいです。
今後は、子育てももちろん楽しみつつ、今までやったことのない業務にもチャレンジしていきたいなと思っております。

ダブルワークという形で YTさん(東京都)

写真:メンバーの声、YTさん(東京都)

ダブルワークという形で

休暇の多い学校で勤務をしている私が、YPPと出会ったのは2014年の夏でした。春・夏・秋・冬休みとして2週間以上の休暇があるので、短期の期間限定で就業できる副業先を探していました。

 当時の勤務開始希望日を入力して試しに検索したところ、YPPのホームページに掲載されていた求人にヒットし、ご縁を頂くことができました。ダメ元で私の事情を話したところ、快諾して頂き、以来トータルで4社を担当させて頂きました。

 主勤務先とは雰囲気も職種も異なる別会社に短期間でも身を置くことは、豊かな社会経験になるだけでなく、心身のリフレッシュとなり、新たな決意で主勤務先に戻ることができます。引いては、双方の職場・文化をポジティブに受け止めることができました。

 また、担当したお客様先で自分の成果物に一定の評価を頂けたり、「今日は何件入力できるか」と自己記録更新に挑戦したりすることで、達成感・認められる喜びを味わうことができます。働くことの意味はここに尽きると私は思っていて、たとえ主勤務先で人間関係や業務に行き詰っていても、また頑張ろう!と思うことができます。

 風通しの良い社風の元、営業の方が各々の顧客ネットワークを利用して、私の条件に合った仕事を見つけて頂けることは奇跡的です。また、このような形の働き方は、YPP以外で見つけることはほぼ不可能だと思っており、非常に感謝しております。

とても温かく信頼のできる会社 岩尾さん((株)アイエスエフネットライフ天草)

とても温かく信頼のできる会社

僕がYPPと出会ったのは、社交不安障害や鬱病・アルコール依存といった精神疾患で苦しんでいる時期でした。

派遣社員、自宅療養などで職歴に休養期間があり、通常、仕事をいただくことは難しいと考えていたのですが、 ある業務のチームメンバーに採用していただき、上場企業の会議資料作成などにも携わりました。

クライアント様からご理解をいただき、担当の営業さんやスタッフからの温かいサポートを受けながら、自分のペースで仕事を進められたので徐々に生活にもリズムが出来ていったように思います。
何かあれば、同じ業務を担当するメンバーとグループウェアやSNSで会話をし、助け合いながら仕事が出来る環境というのも凄く心強かったです。

在宅業務ということで、時間に余裕のある時は、IT関連や英語の勉強に充てることができ、いくつかの資格を取得することができました。

僕は他の会社の在宅業務もいくつか請け負ったことがありますが、YPPは『とても温かく信頼のできる会社』と言えると思います。
クライアント様を含め、普段顔を合わせて働いていない者同士が、思いやりながら、助け合いながら、一つの仕事を成し遂げていく、というところが特長のように思います。

その後、地元の障がい者就労支援事業所「株式会社アイエスエフネットライフ天草」に利用者として入所したのですが、 取得した資格が役に立ったのか、現在、同事業所に立場を変えて支援員として勤務することになりました。

支援員になったことをお知らせしたとき、代表の五味渕さんやクライアント様から、非常にありがたい励ましのメッセージをいただきました。
大変感謝しております。

今は、YPPのモットーである『一人でも多くの人に仕事の喜びを』という気持ちを、障がい者就労支援員として共有しながら、前向きに頑張っていこうと考えています。

素敵な会社YPPとの出会い 菅原さん(神奈川県)

素敵な会社YPPとの出会い

私は4歳の娘がおります。
出産の為17年間働いていた職場を退職し、家事・子育てという環境に変わりました。
専業主婦をしながら子供のそばで、しっかり子育てをしたいと憧れていた私。
気付けば5年ほど過ごしていました。

退職してからは急に社会から遠ざかった感じがして、話す相手も主人、話す内容もすっかり子供の事と固定化されてきていました。
それでも、子供と離れて仕事をする気にもなれなかったし、子育て中で、時間に制限された働き方はないものだと決めつけていました。

そんな時、某テレビ番組に五味渕社長が出演していて、YPPという会社を知りました。
『 子育てをしながら働けるママたちの居場所があるんだぁ 』
『 同じ子育てママの環境の社長自ら会社を作ってしまうなんてすごい 』の一言。
子育てをしながらでも働くことはできる!という五味渕社長の考えに、とても共感しました。

その番組を見たことがきっかけで、家庭の中だけではなくもう少し視野を広げてみようと思い、メンバー登録をしました。
すぐに今担当しているお仕事に出会え、早くも1年以上が経過しています。

子供が寝静まってから明朝までの自分の空き時間に行える業務なので、子供とも朝起きてから日中寝るまで共に過ごせる環境がとても有り難く思っています。

今のお仕事はグループで行っているので、分からないことを教え合ったり、自分の病気や子供の急な発熱などでもフォローし合いながら行えて、とても感謝しています。
チャットで業務のお話しをしていると、『 人と繋がっているなぁ 』と実感できます。

YPPと出会えて会社の一員になれたこと、
人・社会との繋がりを感じられること、私の日々の励みになっています。

素敵な会社に登録できて嬉しいです。

大好きな子供の寝顔を見ながら働ける贅沢 Tさん(東京都)

大好きな子供の寝顔を見ながら働ける贅沢

家には小学1年の娘と3歳の息子がおります。

YPPを知ったのは社長が出演されたTV番組でした。

私は子供が小さいうちは誰にも預けず、仕事もせず、しっかりと自分で子育てしたいと考えていました。
しかし、実際その状況が長くなると、社会から遠ざかっているブランクも気になるようになり、少しの時間でもいいから働きたいと、漠然と思うようになっていました。

そんな中、TVに映ったYPPはとても魅力的な会社でした。

すぐに登録をし、約半年後には現在担当しているお仕事がスタートしました。
在宅で、とある会社の入金消込などの入力業務と、月に1度人形町事務所へお伺いをして請求書発送業務をさせて頂いております。
在宅業務だと子供が寝ている間にお仕事が出来るので、いつも変わらず大好きな子供のそばにいられて、贅沢だなと感じています。

あとYPPの好きなところは、月曜日の朝に届く社長から登録メンバーへの一斉メール。
内容は毎週様々ですが、このメールが届くと心が前向きになるような、いつも学び続けていたいなと心に響くステキなお言葉を頂けます。
今後、仕事に他にも悩みや迷いが出てきたとき社長のメールを思い出しながら色々なことにチャレンジしていきたいなと考えております。

無理のない作業時間とスキルに見合ったお仕事を探して 古川さん(埼玉県)

無理のない作業時間とスキルに見合ったお仕事を探して

私は大病にかかり、外での仕事が出来なくなってしまいました。
出来ることも少なくなり、困っていた時にYPPを知りました。
一日数時間の作業を複数人で分担して行い、フォローにもついていただけるとの事で、登録することにしました。

多種多様なお仕事があるので、限られた作業時間の中でも自分のスキルに合ったお仕事を探す事が出来ました。

初めてのお仕事の時は、あたふたしながらになってしまったのですが、SNSをうまく利用しながらフォローしていただき、無事に作業をすることが出来ました。
現在は3つほどお仕事を掛け持ちしていますが、自分の体調と相談しながら、無理なく楽しくお仕事をしています。

子育てもしたい!仕事もしたい!という想いが叶う 鶴岡さん(神奈川県)

子育てもしたい!仕事もしたい!という想いが叶う

私は当初、子供が産まれたら小学校に行くまでは専業主婦をやりたいな、という願望でした。
独身時代はずっと仕事仕事!という仕事大好き生活だったからです。
そして長女の出産を機に仕事を退職しました。

念願の専業主婦!と新生活がスタートし、慣れない育児でてんやわんやな日常でも、子育てに少しずつ余裕が出来たりすることで、この時間に何か出来ることってないかな、と「何かやりたい」衝動にかられ、ネットで在宅ワークを検索し、YPPにたどり着きました。

今はチーム制で行っている入力業務をいくつか掛け持っています。
チーム制のお仕事の良さは、何かあった場合(子供が体調を崩したり、パソコンが急に使えなくなったり等)にフォローしあえる環境があるという事です。
また、業務以外にも、YPPは小さなお子様がいるママが多く働いているので、子育てについてのあるあるネタや相談、アドバイスなども聞けたりしますし、実際に取引先の方とやり取りしたりもするので、在宅でも全国各地、人と繋がってお仕事している事を実感できます。

基本的に日中は公園に行ったりして子供との時間を優先し、夜寝かしつけたあとに仕事を始めています。
仕事によって日中行わなくてはいけない業務もありますし、その時の子供の状況で左右されがちですが、自宅にいながら合間合間で仕事ができる事自体が贅沢だなと。
2人目を妊娠した際、業務に支障が出ないか不安でしたが、YPPの皆さまは本当に温かく見守って下さり、産後もずっと変わらずお仕事を続けられていられる事に感謝しております。

仕事をすることによって、また外の世界とも繋がる 東さん(東京都)

仕事をすることによって、また外の世界とも繋がる

私がYPPを知ったのは某TV番組にてYPPの紹介をしていたのを私の母が見ていたのがきっかけでした。
出産を機に仕事を辞めて、少し育児にも慣れてきたころ在宅での仕事があると母に教えてもらいましたが、自分に出来るだろうかとその時はすぐに行動に移すことが出来ず、実際に登録をしたのはYPPを知ってから半年位経っていました。
今思えば、なぜすぐに履歴書を送付しなかったのだろうと思います。

在宅初の業務は週1のお仕事でしたが、仕事をするのも久々、家事もしながら、子供の様子も見ながら、どうペース配分をしていいのか分からず、時間的には短かったのに、すごく大変だった記憶があります。
在宅だと分からないことをすぐに隣の人に聞けるというような状況ではないですが、事前にレクチャーもしてくれますし、ハングアウトや電話などで先輩の方々とお話しする中で少しずつ不安も減ってきた気もします。

今は週に3~4回、4人のチーム体制でのお仕事をさせていただいているのですが、お互いにフォローし合いながら、時には仕事とは関係のない子供の話をし、顔を合わせてお仕事をしているわけではないですが、チャットワークなどで頻繁に連絡を取っているうちに、とても距離が近くなっているように思います。

在宅を始める前はほぼ一日を子供と二人で過ごす生活で、外との関わりが全くありませんでしたが、仕事をすることによって、また外の世界とも繋がることが出来、少しでも何かの役に立つことができると思うと嬉しかったです。
YPPに登録して良かったです。

自分のもう一つの居場所ができる 番場さん (神奈川県)

写真:メンバーの声、番場さん (神奈川県)

自分のもう一つの居場所ができる

土曜の朝、情報番組を見ているとある事務代行会社がクローズアップされていました。
当時の私は妊娠中で、勤めていた会社を退職し専業主婦。育児と両立できる在宅での仕事をしたいな・・・と考えていた時でした。
女性目線の会社、働いている方たちも育児と両立している方が多くとても惹かれました。それがYPPです。

出産後3ヶ月。そろそろ社会が恋しくなってきたところで、実際の業務を開始しました。
週3日の稼働でしたが、久しぶりに業者の方と電話で打ち合わせをしたり、お客様への資料を作成したりする時間は、会社にいる頃と同じ緊張感と責任感がわいてきてワクワクしながら仕事をしていました。
子育てをしていると、どうしても家に引きこもることも増えます。話し相手も子どもが小さいうちは家族がメイン。
時に自分が社会から取り残されている気分になりました。
しかし、お仕事を始めてからは「身内ではない誰かに頼りにされている」という自信が持て生活にメリハリがつきました。

現在のお仕事は2人で担当しているため、お互いの都合に合わせてシフトを交代することで、急用や子どもの病気にも対応出来ます。また、業務内容の相談から時には電話で子育てやグルメの話をしたり、在宅なのに同僚がいるみたいです。
1月からは新しいお仕事も始まるので、また世界が広がることが今からとても楽しみです。
家族に負担をかけず、自分のもう一つの居場所ができるそんな素敵なお仕事がYPPにはありました!

小さな子供がいても社会と繋がりたい 蛯原さん(神奈川県)

小さな子供がいても社会と繋がりたい

小さな子供がいても社会と繋がりたいと考え、3人目の出産後YPPに登録しました。

YPPでは、働きたいけれど働けない(と思いがちな)さまざまな環境の人のために仕事ができる仕組みを作ってくれています。

その考え抜かれた仕組みと使命感を持った取り組みから、YPPへの登録を決めました。

現在は縁あって、住宅設備の見積作成のお仕事に長期で携わり、間もなく2年になります。

スタッフの皆様がクライアントと私たちメンバーをつなぎ、スムーズに仕事ができる環境を整え、スムーズに行かない時のバックアップ体制もとってくれているので安心して取り組めます。

子供の行事や急病など、私だけではクライアントのご依頼にお応えしきれませんが、チームで取り組む体制なので続けられています。

さらに、モチベーションの高いチームメンバーの皆様から日々刺激をいただき、家にいながらにして学ぶことがたくさんあります。

直接顔を合わせない仲間だからこそコミュニケーションを大切に、いつか私もチームの皆さんに恩返しできるよう、ライフサイクルの変化の中でお仕事を続けていきたいと思っています。

挑戦する事・悩む事、全部がやりがいです! 沢田さん(岩手県)

挑戦する事・悩む事、全部がやりがいです!

夫の転勤を機に勤めていた会社を退職し、新たな地での生活が始まって間もなく、子供を授かりました。そのままマタニティーライフ・育児へ突入!と、環境が1年もしない間でガラリと変わりました。働いていた頃と育児一本との急激なギャップに、どうしよう…何したらいいんだろう…と、もどかしい気持ちで毎日悩んでいました。

その時、あるテレビ番組で、YPPが紹介されていました。その内容にすっかり釘付けで、「私、まさに今この状況だ…!今の私にはこれしかないっ…!」と気付けば、すぐに履歴書を手に取り、メンバー登録をしようと行動しておりました。これがYPPとの出会いでした!

今はとても有難いことに、在宅で色んなお仕事をさせて頂いております。初めの頃は、在宅というだけでもハードルが高く感じられていたのですが、自分が全く関わってこなかった分野に携わる事で、自分自身のスキルUPにつながっていると感じられて、今では自分が知らない事もどんどん挑戦していきたいと思えるようになりました!

ちょっとしたお仕事から、少し知識が必要なお仕事まで本当に様々で、その色んなお仕事を自宅のPC一つで出来るというのは、YPPならではの魅力だと思います!

今後も色んなことを経験させていただけることに感謝しながら、学ぶチャンスを大切にしつつ、毎日の業務に励んで行きたいと思います。

メンバーやスタッフとの繋がりを持ってお仕事できることが魅力 渡辺さん(愛知県)

メンバーやスタッフとの繋がりを持ってお仕事できることが魅力

私とYPPの出会いは、友人からの紹介でした。

それまでも内職をしており、当時1歳の末っ子ともうすぐ3歳になる2人目を連れて、引き取り・納品に行くスタイルでのお仕事でした。

部屋の一つが作業部屋のような状態になっており、出向く時間や順番を待つ時間に私自身も負担に感じ始めるとともに、子どもたちにも負担になっているように感じていました。

YPPと出会い、受領・納品も在宅で行えるようになったことから、データの待ち時間も子どもたちとの時間に向けることが出来るようになりました。

また、担当しているお仕事はパソコン作業なので、段ボールが何箱も部屋に積まれることもなくなり、それだけで家族のストレスが激減です!

従来の内職では個々の作業で連携もないため、どんな時でも一人でしたが、子どもの体調不良等で作業出来ない場合も、チーム制のお仕事では、他のメンバーさんの理解もありそれぞれがフォローしあうなど安心してお仕事することが出来ます。

外でお仕事していたら休むしかないときでも、納期に余裕がある場合には作業時間を調整することで対応出来ます。

現在も昼夜の隙間時間に作業をしていますが、未就園児の頃は夜間作業をメインに、今では学校・保育園と子どもたちが不在の昼間に作業比重が多くなりと家庭の事情・生活の変化に合わせながら続けていけるのもありがたいです。

YPPとの出会いから3年がたち、調査入力業務から、3年目より事務局やデータ入力のお仕事も掛け持ちで担当させていただくようになりました。

まだまだExcelは初心者域のレベルで勉強中ですが、事務局のお仕事を担当したことから調べたり、時には教えてもらったりと、在宅でも「知る・学べる」機会を得られとてもありがたく感じています。

それぞれ異なる場所でお仕事していますが、それでも一人ではなくメンバーさんや事務所スタッフの方たちとの繋がり持ってお仕事できることがYPPの魅力だと感じています。

お仕事したいけど外に出られない、まとまった時間をとれないなど・・・
事情は違えどYPPとの出会いで自分に合った働き方を見つけられると思います。

いつの間にか新しいスキルを身に付けお金を稼いでいる 小川さん(東京都)

写真:メンバーの声、小川さん(千葉県)

いつの間にか新しいスキルを身に付けお金を稼いでいる事実に自分自身驚き感動!

出産を期に退職して専業主婦をしていましたが、テレビでYPPのことを知り「これなら前職のスキルを活かせるかもしれない」と思い、メンバー登録をさせていただきました。
前職ではシステムエンジニアをしており、PC作業にはかなり自信がありましたが、いざ仕事に応募するとなると「わたしに任せていただけるだろうか」という不安もありました。

そんなある日、メールで送られてくる新しいお仕事の中に、特殊なソフトウェアを使った仕事の応募を見つけました。
わたし自身そのソフトウェアの経験は浅く、使いこなしているとはとてもいえないレベルでしたが、そのソフトウェアを持っている人が他にいないかもしれないと考え、勇気を出して応募してみました。

当初の目論見とは違い、初めてのレギュラーの仕事があまり自信のない業務になってしまい、最初は本当に不安だらけでしたし、お客様からもなかなかOKを頂けず、すぐにはお仕事をスタートできませんでした。
それでも日々業務を担当していく中で、いつの間にか新しいスキルを身につけていることに気が付きました。

初めは前職のスキル(過去の遺産)を活かして働こうと考えていたのに、むしろ新しいスキルを身に付けることができ、そのスキルでお金を稼いでいるという事実に自分自身驚きましたし、感動を覚えました。
出産して子供と家にいる日々の中で、まさか新しい知識やスキルを身に付けて、それでお金を稼ぐことができるようになるとは、本当に夢にも思っていなかったのです。

お仕事をすることで、社会に貢献しているという充実感もありますし、在宅なのですぐそばで子供の成長も見守ることができ、充実した日々を送らせていただいています。
もちろん子供はまだ小さいのでお構いなしに邪魔をしてきますが、それも在宅ワークならではの苦労と楽しさかなと思っています。

今は前職で培ったスキルも活かして、名指しでお仕事を頂けることもあり、本当にありがたい限りです。
これからも家庭の状況を見つつ、お仕事を続けていこうと思っています。

妊活中でも頑張れる!!~メンバーの支えがあってこそ~ 津藤さん(愛知県)

写真:メンバーの声、津藤さん(愛知県)

妊活中でも頑張れる!!
~メンバーの支えがあってこそ~

結婚後、子どもを望みながらもなかなか出来ず妊活をしています。体にあまり負担をかけず家事にも影響がない仕事はないかな~と探していました。
パートを探しましたが条件に合う所はなく・・・。そんな時、偶然TVでYPPを知りました。
思いを実現させ起業した五味渕社長に共感し、ほんとに素晴らしいなと思いました。
最初は採用してもらえるかドキドキしながらダメもとで履歴書を送ったのを憶えています(笑)


 そんな不安はどこへ行ったのか?今は3社かけもちをさせて頂いています。
病院に行ったり予定がある時は他のメンバーが担当してくれるし、至急案件がある時はその時、その時で担当出来る方が業務を行う。というスタンスです。


 チーム制で良かったと思う所はいろんな意見を出し合って、お客様や自分達が効率よく作業出来るように変えていける所、またフォローしあえることです。普通の在宅の仕事ならきっと一人で作業するケースが多く、なかなか自分の仕事上での悩みや不安などは分かち合えないと思います。
 月に1度お顔を拝見しながらのミーティングがあるお客様先もあり、安心して仕事が出来ます。
 今まで働いてきた会社ではミスや問題がすぐ解決へと結びつくかというと、そうではない場合もありました。
YPPでお仕事出来て良かったと思うのは、問題を解決して向上していこうとする行動力です。
そして出来なかったこと、ブランクがあった事でもレクチャーを通して出来ていけることです。


 いつ目的が達成できるか分かりませんが、もし出産の機会が与えられても安心してまた復帰できる。そんな環境も嬉しいですね。末永くよろしくお願いします♪

ささやかな達成感を大切にしながら… 寺井さん(岡山県)

ささやかな達成感を大切にしながら、業務に携わっていけたら…

妊娠中に主人の転職と引越しが決まり、自身の仕事を退職せざるを得ず、慣れ親しんだ人や土地と離れ孤立。
出産後も育児と家事だけの毎日で、人と関わることから完全に遠ざかっていました。

何かしたいけどあっという間に1日が過ぎていく…。

そんな中で、子供も少しずつ成長し自分の時間が見つけられるようになってきた時に、知人の紹介でYPPと出会いました。

私の中でのYPPの魅力は、隙間時間を有効活用できることと、サポート体制の充実です!

現在携わっている業務はPCのみの作業なので、子どものお昼寝中や夜の寝かしつけの後など物音を立てたくない時でも出来ることが本当にありがたいです。

また、YPPでは様々なコミュニケーションツールを利用しているので、色々とやりとりがしやすい環境だと思います。
在宅の仕事というと、双方の関係が閉鎖的になりがちなイメージがあり不安だったのですが、何でもすぐに聞くことができるので安心して働くことができます。

なにより、業務を終えた後の“お疲れ様でした”や、“ありがとうございます”の言葉がとても励みになります(普段、家事育児をしていてもなかなか言ってもらえることが無いので…笑)。

これからもそんなささやかな達成感を大切にしながら、業務に携わっていけたらと思います。

家事育児の隙間時間に働きたい人にはお勧めです!! 塚本さん(神奈川県)

家事育児の隙間時間に働きたい人にはお勧めです!!

私が本当にYPPと出会えて良かった、本当に助かる!!と思う事は、家に小さい子がいて、外でまとめて働くほどの時間はないけれど、家事育児の隙間時間に少しでも家計の足しに働きたい!という、ある意味贅沢なことができることです。

YPPに出会ってそろそろ4年目になりますが、1年目は上の子どもが1歳を過ぎた頃で、お昼寝と夜寝ている間にお仕事をしていました。
2年目は二人目を出産したので、ほぼ1年お休みをいただきました。しかも「また戻ってきてくださいね。」といった優しいお言葉もいただいて…。
休み明け3年目は正直、担当していた業務は人数も増えているだろうし、また同じ仕事をさせていただくことは難しいかなぁと思っていたのですが、快く受け入れてくださり、同じお仕事に復帰しました。本当に感謝しています。
上の子は幼稚園に入り、下の子はまだ1歳。1年目の時とは違い、生活スケジュールもかなり変わりました。日中はほぼ仕事はせず、夕方の子ども番組を見ている間と夜二人が寝てからお仕事をしています。

このように担当している業務によって違いもあると思いますが、外に出なくても家で子どもの面倒を見つつ、変化していく生活に合わせて、短時間(それも細切れだったり…)でも仕事ができることが本当に助かるのです。そして何よりの強みは私が担当しているお仕事はチーム制なので、急なお休みでもメンバー同士でフォローし合えること、業務でわからないことがあった場合、チーム専用のSNS(無料のGoogle+を利用)等で質問ができ、それに答えてくれるメンバーがいる、ということです。もちろんマニュアルも整備されており、情報が変わる度に更新され安心です。

在宅でYPPのように柔軟な働き方ができること、またそういう柔軟な働き方ができるような環境を作る業務フローにはいつも感心しています。他のメンバーからも刺激を受けることも多いです。そして4年目のこれからは同じ業務をしつつ、チャンスがあれば他の業務も経験することが目標です。

自分のペースで、自分のできることを頑張る! 鈴木さん(千葉県)

写真:鈴木さん(千葉県)

自分のペースで、自分のできることを頑張る!

私がYPPと出会って、早いもので7年以上経ちます。
子供が小学校に上がった頃、周りでは徐々にお仕事を始めるお母さん方が増えてきました。自分も何か始めたいけれどブランクもあるし、子供もまだ小さい。「果たして自分に何ができるだろうか?」自問自答の毎日でした。
そんな時、偶然、HPでYPPを紹介している記事を見つけました。 小さいお子さんがいても、生き生きとお仕事をされているメンバーさんの記事を見て、 「在宅なら、自分でも何か出来るお仕事があるかもしれない!」 そう思い、ドキドキしながら事務所に連絡させていただいたことを覚えています。

 そして最初は、本当に簡単な入力のお仕事を、今では考えられないほど苦労しながら 何とか納品し、現在は、請求書作成や発注業務など、様々なお仕事を任せていただけるようになりました。

 私はYPPで、比較的、誰でも簡単に始められるようなお仕事から、少しスキルを求められるものまで、色々経験させていただいています。 少しスキルを求められるお仕事でも、自分がチャレンジしてみたいという気持ちがあれば、 五味渕社長はじめ、事務所のスタッフのみなさんができる限りのフォローをしてくださるので、とても心強いです。
簡単なお仕事でも、少し難しいお仕事でも常にお客様の立場にたって、自分のできることをきちんと続けていけば、いつのまにかお客様に信頼していただけるようになる、そして、それが自分の自信につながって、また新しいことにチャレンジしていく力になっている と思います。

私がYPPでお仕事を始めたときはまだ小さかった子供は、春には高校生になります。 今では、徐々に子育てから解放され、在宅のお仕事を続けながら、自分のやりたかったことや趣味の時間を少しずつ増やしていけるようになりました。
YPPでお仕事をしていない自分だったら、これやってみたいけど無理かな~?と思って諦めていたかもしれません。YPPでのお仕事を通して得た自分のスキルや自信は、現在の自分にとって大きな財産です。

あの時のお仕事があったから、次のお仕事に生かせている 工藤さん(神奈川県)

写真:相模川と桜(相模原と言えば…やはり一級河川の相模川でしょうか)
写真:津久井湖にかかる赤い橋(ドラマの撮影などもある場所です)

あの時のお仕事があったから、次のお仕事に生かせている

YPPとの出会いは、 ちょうど前職であまり経験のできない会社解散に立ち会い、 さて今後どのように働いて行こうかと模索中、 持病があるため、できたら在宅で働きたいとネットで探していた時に、 たまたまHPを見て、思い切って電話してみたのがキッカケでした。

そして、すぐに働きたいという希望もすぐに叶えていただき、スタートを切りました。

元々、経理・会計関係の仕事をしていて、 資格も実務経験もあったので、経理のお仕事を希望していたのですが、 いただいたお仕事は全く畑の違うお仕事でした。
今までやったことのない作業に効率も上がらず、かなり苦戦しましたが、 今振り返ってみますと、 あの時のお仕事があったから、次のお仕事に生かせている部分が多々あり、 業種の違うお仕事を担当する度に、スキルupでき、 日々成長している自分が感じられるのが嬉しいかぎりです。

現在は最初のお仕事とは別の、3つのお仕事を掛け持ちしているのですが、 今でも、分からないことにぶつかっては勉強! 新しい事に取り組んでは勉強!!
失敗して落ち込む事もあるけれど、 それを更に生かしていけるよう創意工夫し、初心を忘れず作業をこなす毎日です。

子育てと家事と仕事で日々色々なことがありますが、 在宅だからこそ、 仕事の合間にウォーキングをしたり、時には趣味をしたりして、 自分の時間も持てるのだと思っています。

これからも一歩一歩、勉強しながらお仕事をさせていただきたいです。

「ここしかない!」と娘と同時に叫んだYPPとの出会い 遠藤さん(三重県)

写真:遠藤さん

「ここだ!ここしかない!!」と娘と同時に叫び・・・~YPPとの出会い~

2013年5月、その当時小学2年生だった娘が大きな病気をして約1年間に渡る入院生活を過ごしました。
病気が発覚するまでは私はフルタイムで働いていましたが、 私も付添でずっと病院に泊まり込みだった為、仕事は娘の入院と同時に退職しました。

退院後も通院による治療を継続中だった為、 体調がすぐれず学校を休む日も多かったり、 学校へ行ってもいつ迎えに来てくださいと連絡があるかわからない状況で、 外に働きに出ることが出来ずにいました。

家にいる間、時間が空くとつい病気のことや余計な心配事で不安になるばかり。

時間を有効に利用出来ないものか、 何か私に出来ることはないかと思っていた時のこと、 朝、何気なく見ていた「にじいろジーン」に五味渕社長が出演されていて 「介護や育児で外に出れない人でも働ける、必要としてくれる人がいる」という言葉に 「ここだ!ここしかない!!」と娘と同時にテレビに向かって叫んだ事が今でも鮮明に思い出されます。

その後すぐに履歴書を送りメンバー登録させていただきました。

現在は、保険書類のライン引きと付箋貼りのお仕事をさせていただいております。
この保険書類でたくさん契約が成立しますようにと願いを込めながら「丁寧に早く」を心掛けています。

YPPスタッフの方々には、ご迷惑をおかけすることも多々ありましたが、 優しく励まし支えていただきながら、毎月楽しくお仕事をさせていただいています。

ともに学び前に進もうという事務所スタッフの姿勢が心強い 黒沢さん(神奈川県)

写真:黒沢さん

ともに学び前に進もうという事務所スタッフの姿勢が心強い

子どもが幼稚園に上がるのを期に簿記の資格を生かして働きたいと思っても、なかなか採用してくれるところあらず。ブランク3年、実務経験少々、勤務条件厳しい(家事育児&持病で自分の休養が最優先のため週2日×4~5時間を希望)
…不採用も無理はない。でもでも経理事務やりたい~!
そんなときにYPPと出会いました。
在宅で仕事ができる!?これだ!!

それから約2年。
領収書入力、給与計算、請求書作成など、念願の経理業務をやらせていただいています。
実務経験はもちろん、社外メールのポイントやエクセルの小技など色々なスキルも身に付けることができます。
また、在宅と言えど、わからないときには直ぐに仲間や事務所スタッフに質問確認ができ、痛恨のミスをした際にも「事実確認→原因究明→改善策の提示」と時間をかけてしっかりサポートしてくださいました。
ただ仕事を割り振るだけでなく、ともに学び前に進もうという事務所スタッフのそんな姿勢がとても心強くありがたく、今後もぜひYPPでお仕事をしたいと思っています。

YPPとの出会い 茂木さん(埼玉県)

YPPとの出会い

私が、YPPと出会ったのは、2013年7月でした。
会社を辞め再就職も厳しく、でもどこか働きたい願望があり、毎日PCと向き合い探していたらYPPの求人が目に留まりました。
早速、メールをして登録の手続きの件で、問合せをしましたらYPPの社長と住んでいる所が同じ市内と知り、とても縁を感じました。
何も取り柄のない私ですが、こうして受発注業務の会社1件と、とある会社の経理を担当させていただいています。
YPPスタッフの方々、メンバーの方々からのバックアップのおかげで、主婦・Wワークと毎日がとても充実しています。
今は、メンバー登録をして本当に良かったと思います。

“育児・家事担当”以外の自分を持つこと 吉村さん(福岡県)

“育児・家事担当”以外の自分を持つこと

子どものご機嫌一つで仕事が出来なくなります。
夜泣きの時期は体力的にも精神的にも辛くなります。
子どもの成長とともに生活パターンが変わってきます。(長女は春に幼稚園児となり、送迎・行事など多々あります)

私がずっと携わっている業務はチームでの仕事のため、仕事量の調整がしやすく、チームの皆さんに甘えながら働かせて頂いています。
困った時はお互い様!でメンバーで助け合いながら働くことが出来るのも、育児との両立には不可欠だと思っています。

これをご覧になっている“少しでも同じ気持ちのママ”には本当にお勧めの働き方です。

“育児・家事担当”以外の自分を持つことが、育児・家事をより楽しめるコツだと思います(^^)

このチームでお仕事をして良かった!と、思って頂けるように 白本さん(大阪府)

このチームでお仕事をして良かった!と、思って頂けるように

元々、接客業をしていたのですが、 家族の要望もあって家事に専念をする為、退職をしました。
しかし、お仕事が好きだったので、お仕事をしていない自分がとても嫌で 自宅で何かできないか、と悩んでいたところ 幼馴染のお姉さんの紹介で、YPPと出会いました。

現在は、請求書作成業務や入力業務、秘書業務を始め チーム制のお仕事でのメンバーさんのシフト作成や管理サポートを 全て在宅作業でさせて頂いています。

在宅で作業をしているとどうしても、 一人で作業をしているので孤独感を感じがちなのですが YPPのお仕事の中には、 チームを組んで全国で頑張っている仲間と連携を取りながら、 フォローしあいながらお仕事をする事も多いので、とても心強いのです。

子育て、家事、仕事の事… どんな悩みや不安でも、さりげなく聞いてくれたり応援してくれたり。
仕事で使うexcelなども、私はほとんど初心者だったので 先輩方から温かく根気強く、本当に沢山の事を教えて頂いて、 少しずつ理解できるようになりました。
そして現在も勉強中です!

最近は、新しくお仕事を始めるメンバーさんと お仕事をご一緒する機会が増えたのですが まずは不安を取り除く事、お仕事に対して万全のフォローをする事 そしてお仕事が楽しい!YPPで、このチームでお仕事をして良かった! と、思って頂けるように日々頑張っています。

是非、ご一緒にお仕事ができますように!

「私、こんな事も出るんだ!」新たな自分発見!! Sさん(埼玉県)

「私、こんな事も出るんだ!」新たな自分発見!!

初めてYPPでお仕事をさせて頂いたのは約1年半程前、ある本のライターのお仕事でした。
以前から登録していたのでお仕事紹介のメールを見て「面白そう!」とすぐに応募をした事が始まりです。
そして、ライターのお仕事は終了し、今現在は在宅でHPの更新作業のお仕事をさせて頂いています。

  • 本のライター
  • ホームページの更新作業

  • どちらのお仕事も全くの未経験でしたがYPPスタッフの親切な対応と御指導、丁寧なフォローのお陰で一人で抱え込み悩む事はなく今に至ります。

    子どもが2人、普段はフルタイム勤務での仕事をしています。
    色々な事がマンネリ化してきて、平坦な毎日ですが、隙間時間を見つけて、分野の違うお仕事をさせて頂く事で、「私、こんな事も出来るんだ!」とちょっとした自信へつながっています。

    どんな状況・どんな人にもチャンスをくれる、YPPとはそんな会社だな。と思います。

    「仕事をしていると旦那の行動に寛大になれる!」 山本さん(神奈川県)

    写真:山本さん

    「仕事をしていると旦那の行動に寛大になれる!」
    これ、実は、最近気づきました!笑

    私は在宅でお仕事をさせていただいています。
    もともとパソコンでの作業が好きで、前職でもシステム開発に関わったりなど常にパソコンと向き合った仕事をしていました。
    だからといって特にパソコンの勉強をしていたわけではなく、自己流でしたので、諸先輩方からエクセルの豆知識等を聞くと「こんな事も出来るんだ」「こんな時短があるんだ」と知って活用できると楽しさも倍増するのです。
    YPPではこういった豆知識もメールやメンバー同士の専用ツールで共有できるので、在宅で仕事をしていても身に着けられる環境にあり、とてもありがたいです。

    さて、冒頭の気づきですが(笑)
    主人は、毎週仕事先の方と飲みに行きます。突然飲みの予定が入ることもあります。
    少し前までは「育児もしないで・・・」「夕飯の用意して待っていたのに・・・」など不満があったのですが、仕事が定期的にできる環境になり、むしろ「どうぞどうぞ!」になりました!笑
    これは私の時間の過ごし方が変わったことが大きいのかな、と思います。仕事をしていないときは私も時間が空いてしまい、やることもないと余計な事を考えたり、悲観的になったりも多くあったように思うのです。しかしその時間に仕事が出来るようになると、むしろ飲みに行ってくれた方が仕事もはかどりますし(笑)、自分がその時間を有意義に使えている実感ができ、気にならなくなったのです。
    これは昼間の時間の過ごし方も同じで、幼稚園のお友達がランチに行ってきた、お買い物に行ってきたなど聞くと羨ましがったり、何もしていない時間が無駄に感じて焦ったりしていました。そこに仕事ができたことでそれに関しても気にならなくなったのです。

    お仕事を始めたことで、時間の有効活用ができている実感と、自分の過ごし方に自信が持てたことで相手への余裕が生まれたのかな、とありがたい変化を感じています!

    YPPのお仕事で「つながり」を強く意識するようになった 秋山さん(埼玉県)

    写真:秋山さん

    YPPのお仕事で
    「つながり」を強く意識するようになった

    ・YPPでのお仕事
    お客様事務所やYPPの事務所で、経理の代行作業を行っています。領収証や銀行通帳のコピーなどを参考に会計ソフトに仕訳入力をし、債権債務の残高などを確認して、最終的には、お客様が現在の会社の財務状況や損益を把握できる形に仕上げます。お客様によって使用している会計ソフトが異なるので、様々な会計ソフトを実際に使ってみて、ここは便利だなとか、これはちょっと使いづらいな…といったように、いろいろな発見をしながら、作業を可能な限り効率的にかつ正確にできることを目標に取り組んでいます。

    ・YPPとの出会い
    妊娠を機に退職せざるを得なかったため、子どもが生まれたら、子育てと仕事を両立できる環境作りを第一に考えて働き続けたいと思いました。そんな思いの中で、インターネットで色々と調べているうちに、偶然、五味渕さんが紹介されている記事を拝見し、YPPの存在を知りました。本当に偶然の出会いでした。

    ・YPPでの仕事を通じて変わったこと
    自分が行っている作業は、うまくは表現できませんが、お客様が行っている企業活動のひとつの「点」であるように考えています。毎日お客様を訪問するわけではありませんし、任せて頂いているお仕事も「経理」専門だからです。ただ、点はつながると線になっていくので、自分の作業が、この後お客様の中でどのようにつながっていくかを考えることが大切だなと感じます。YPPのお仕事で「つながり」を強く意識するようになったと思います。

    ・YPPに期待すること
    私の周囲の子育て中のお母さんは、「子育てで家にいたら、自分が何の仕事をしたいのかわからなくなってしまった…」とよくつぶやいています…。「働きたいけれど、何をしたいのかわからない」そんなお母さんたちの新しい扉を開けるようなきっかけをYPPさんに作って欲しいなと思います。

    子育て&介護が有っても働きたい!!と言う方にはお勧めです Sさん(東京都)

    写真:佐々木さん

    子育て&介護が有っても働きたい!!
    と言う方にはお勧めです

    私がYPPを知ったのは妊娠が機でした。

    当時は産休が取れない会社に勤務していましたが、子どもが居ても働けるお仕事!と言うことで、ご縁を頂きました。

    今では、出勤日や時間に融通が利き、とても働きやすい環境だと思っています。

    最初は、Excelを使っての事務業でしたが、今では弥生会計を使うチャンスを頂き、スキルUPも出来ました。また、事務cafeと言うセミナー的なものもあり、時間が有れば参加されると、とても勉強になると思います。お客様にご迷惑をお掛けしない様、厳しい部分も勿論有りますが、staffの方々もとても親切丁寧に対応して下さいます。

    社長がとても前向きな考え方をされてる方なので、子育て&介護が有っても働きたい!!と言う方にはお勧めです。

    平日仕事をしながらのダブルワークも成立するのでありがたい Eさん(東京都)

    平日仕事をしながらのダブルワークも成立するのでありがたい

    私がYPPで仕事をするようになったのは今から5年ほど前。
    ちょうどひとり息子が高校に進学した頃です。
    当時私はフルタイムで経理事務の仕事をしていましたが、勤めていた会社が業績不振で従業員の給料カット&待遇面も厳しい状態に。
    そこで減った収入を少しでも補うため、空いてる時間に在宅で働けないだろうか?とネットで検索してYPPと出会い現在に至ります。

    いまもフルタイム勤務のため、YPPの作業は平日の夜or土日となります。
    ボリュームのあるものは無理なので、出来る範囲での仕事をいただいていますが、時にやりくりが大変で、眠い…辛い…と思うことも。
    しかしなんだかんだ言いながら続いているのは、限られた時間の中、自分なりに工夫し、やりとげたあとの達成感が心地よいのだと感じています。
    またフルタイムでの仕事がどうしてもマンネリ化してくるので、YPPの作業の進め方など参考になりますし刺激にもなります。

    YPPの仕事は様々な形態があり、私のように平日仕事をしながらのダブルワークも成立するのでありがたいです。

    仕事以外では、趣味で江戸囃子をやっていて毎年いくつかのお祭りに参加しています。
    またお囃子だけでは飽き足らず、1年前からドラムも習い始めました。
    昔からやってみたいと思いつつ二の足を踏んでいましたが、この歳でついに思いきりました!

    子育てがひと段落したいま、趣味の時間を楽しみつつ、わんこ(ペット)のお世話を生きがいに、これからも仕事に励みたいと思います。

    スタッフの方は優しく、仕事のフォローもしてくれます 清水さん(埼玉県)

    スタッフの方は優しく、仕事のフォローもしっかり行ってくれます

    子供と一緒の時間を大切にしながら仕事もしたいという思いを抱いていたところ、ホームページでYPPの存在を知り登録させていただきました。

    出産後に自分の価値観が全く変わったこともあり、今後の仕事の方向性に悩んでいた時期でもありました。
    YPPで今まで経験したことのない仕事を含め仕事をしてみたところ、自分はこういう部分が得意だなとか、これは少し苦手だなということを敏感に感じることができたような気がします。心の中で色々悩んでいるのと実際やってみるのとでは大違いでした!
    仕事を別の角度から経験してみることで新しいイメージが湧き、以前目指していた資格にも再チャレンジしてみようという気持ちになりました。

    スタッフの方は優しく、仕事のフォローもしっかり行ってくれますので、安心して仕事ができます。

    1日わずかな時間しか取れない方にも、お勧めします 藤澤さん(北海道)

    1日わずかな時間しか取れない方にも、お勧めします

    在宅の仕事を探しましたが業務内容がわからず不安に思っていた私にとって、偶然見たTV番組で社長が出演され、事業内容の説明があったことは、会社への信頼感が湧きチャンスそのものでした。
    これも何かの縁と思い、番組を横目で見ながら申込みの手続きをしました。

    今は3種類の仕事をさせて頂いており、主は住宅関係で建築図面から設備を見積りする仕事となります。

    エクセルやCADなど得意な方から、それらが一切苦手な方でも多種業務はあり、頑張れば2時間で終わるような仕事でも納期が2,3日の場合もあり、時間に追われず自分都合で仕事が進められます。1日わずかな時間しか取れない方にも、是非お勧めします。

    さまざまな分野の方のご参加を得て、新しい分野の会社と助け合うことによって
    「個人 - YPP - お客様」
    の「WIN-WIN」の関係の輪は無限の広がりを持つと期待しています。

    地方にいても全国のメンバーと仕事をできる 安達さん(山口県)

    写真:安達さん

    地方にいても全国のメンバーと仕事をできる

    YPPメンバーのプライバシーマーク研修の講師、P様の見積作成関連の仕事をしています。子育てしながらも、仕事をしたいとずっと思っていた私はYPPに出会い、在宅ワークをしています。
    地方にいても全国のメンバーと関わり、さまざまな仕事をできることはとても新鮮です。
    チーム編成を組んでいることも魅力的ですね。

    新しい仕事にどんどんチャレンジできる場を与えてくれる 高子さん(愛知県)

    新しい仕事にどんどんチャレンジできる場を与えてくれる

    YPPの所在地は関東圏ですので、地方でもお仕事を頂けるのかとても不安でしたが、そんな気持は不要でした。地方でも海外でも場所に関係なくお仕事をすることが可能です!
    また、仕事を始める際に自分のスキルについて不安な声をよく聞きますが、スキルが低いと思うよりも、自分はこれならできそう!やってみたい!と思うと仕事の幅が広がることは間違いないです!

    お互いに離れた場所(自宅)で仕事をしているので、独りぽっちのような気持ちになりやすいですが、分からないことはSNSを使ってメンバー間でフォローしあえますし、打合せもWeb上で顔を見ながらできるので距離感は感じることなく、同じ場所で働いているような感覚です。

    また、案件によってはチーム制で仕事をシェアできます。何よりも心強いのは急用や体調不良(自分ではなくても子供とか)の時は、みんなでフォローしあえるので、「一人で抱え込む」という負担がありません。チームで動くので情報も共有でき、一体感が生まれます!

    YPPは新しい仕事にどんどんチャレンジできる場を与えてくれる会社です。
    自分自身もきっと成長できますよ。
    ぜひ一緒に働きましょう!!

    お互いフォローしあう気持ちをメンバーみんなが持っている 清水さん(東京都)

    お互いフォローしあう気持ちをメンバーみんなが持っている

    小学1年生の男の子と、幼稚園年中の女の子の母です。
    YPPにメンバー登録してから1年半余り、はじめは1~2か月に1回ぐらい、単発のお仕事をさせていただいていましたが、今はアンケート入力および集計などのお仕事をさせていただいています。

    子どもがまだ小さいので、幼稚園や習い事の送迎がありますし、夏休みのように長期の休みもあるので、外に出て働くというのはなかなか難しいのですが、今、主にやらせていただいているお仕事は在宅でできますし、作業する時間帯も、ほとんどの場合は子供たちが学校や幼稚園行っている間や夜など、自分で決められるという点がありがたいです。
    また、作業が難しいような場合、事務所がしっかりフォローしてくれるだけでなく、チームで作業をやっているので、お互いにフォローしあいながらやっていけるという点も、とても心強いです。

    子どもが小さいなど、みんなが様々な事情を抱えていて、たくさんの仕事はできないけれど、という人たちが多いからでしょうか、お互いフォローしあって、という気持ちをメンバーみんなが持っているように感じています。

    お仕事についてのお問い合わせはこちら

    お問い合わせ
    ページトップへ