腕を磨ける仕事

boot-1015405_1920
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

半年前、ある弁護士の先生から
事務サポート業務をご依頼いただきました。

法律事務所で仕事経験のあるメンバーを
中心に現在3名体制で仕事をまわしています。

大変重要な裁判所提出書類の
誤字脱字チェックなど
気が抜けない仕事が次々とあります。

覚える事、調べる事、考える事が多く
職場となる“〇〇法律事務所チャット”は、
日々相談事や確認連絡が飛び交い
チームメンバーはまさに『額に汗をかく』という感じで仕事してくれています。

実は、在宅であっても責任が重く
次々と新しいことを覚えながら
取り組んでいくタイプの仕事は
長く続けることができ
色んな仕事力がついていく良さがあるのですが
名刺入力や領収書整理のような
『単発ですぐできる』仕事と比較して
応募の手があがりにくい傾向があります。

応募メンバーからは
「私に務まるでしょうか」という質問も
いただきます。

事務所でも
サッと受けてサッと出せる案件ではなく
つど考え相談しながら時間をかけて
じわじわとチームを作っていきます。

でも、手間暇がかかる仕事だからこそ
メンバーが協力しあう空気が生まれ
チームを作り上げていく醍醐味を感じます。

チーム編成したての頃は
ハラハラドキドキするような緊張感に全員が包まれますが
半年、一年、二年とかけて
着実に安定感が出てきます。

と同時に処理スピードも上がっています。

たとえて言うなら競技用ボートに乗って
最初はオールを持つ手もおぼつかなくて
おっかなびっくり
バラバラに水をかいていたものが
次第に呼吸が合ってきて
全員でゴールに向かって力強く漕ぎ始めるような
そんな『安定感+スピードアップ』のイメージです。

こういう現象は普通の職場でもあるのでしょうが
バックボーンもまちまちで各地に点在するメンバーでやるからこそ、
チームワークの醸成を嬉しく感じるのかもしれません。

いま、このチームでは1~2名の増員を
検討しています。

かつて法律事務所に勤めていたけれど
今は事情があってフルタイムでは働けないという人がいたら
ぜひ「昔取った杵柄」を活かしてほしいなと思います。

離れたメンバー同士で協力しあい
ITツールも駆使して仕事をしていく環境は
一つの事務所に勤める時とは違った経験ができます。

いずれ再就職をする際にも
この経験はきっと生かせるはず。
かつて学んだ経験を活かして
法律事務所のお仕事をしたい人
ご縁のある人をお迎えできたら嬉しいです。

 

こちらに募集案内を掲載中です。

ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る