第78回事務カフェ「kinetoneで広がる働き方の多様化・効率化」開催報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!YPPの小形です。

ここ数日、暑くなったり、寒くなったりして、少し不安定ですね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて9月の事務カフェは、サイボウズ社のkintone担当者、
別府さおり氏にご登壇いただき「kintoneで広がる働き方の多様化・効率化」について
参加者の皆さまとじっくりお話を伺いました。

KIMG0099

事務カフェに登場するのは2度目のkintoneですがこのシステムを開発したサイボウズ社では、
社内の案件管理や進捗管理はもちろん情報共有やスケジュール管理に至るまで、
たくさんの情報をkintoneで管理しているとのこと。
kintone初心者の参加者も、その多機能ぶりに驚いていました。

以前のkintoneをご紹介した事務カフェでは基本的なことがメインでしたが、
今回は、更に便利な活用法を知ることができ、
その中で印象的だった2つをご紹介してみたいと思います。

柔軟で多種多様な使い方ができる

例えば、「士業」のお客様を主な営業先とされている別府さんが
見せてくれてくれたkintoneの画面は、税理士、弁護士、など「士業」別のアプリ画面でした。
お仕事別に、特徴を捉えたアプリがカスタマイズされて、
日程管理とTASK管理など進捗管理をメインとしたものでした。

一方、サイボウズ社内では社内掲示板のように使用して社員同士の
コミュニケーションツールとして使用していたり、
社員のみなさんの、有給の申請や人事評価的なフィードバックなどをできるようにしていて
人事の方からしたら同じ説明を何度もする業務を削減できたり、
社員の方からしたら自分の空き時間にkintoneで確認しながらさくっと申請ができるなど
社内の便利・コミュニケーションツールとして使用されているそうです。

進捗管理から社内の便利・コミュニケーションツールまで
kintoneがあれば何でもできてしまうんじゃないか?
と思うほど、多機能なんだなと思わせられました。

各種外部サービスとの連携で更に便利に!

外部ツールとの連携も充実しており、中でも驚いたのが
Form Bridge(フォームブリッジ)というサービスです。

こちらのサービスは、外部ページの入力フォームのデータをそのまま
kintoneに蓄積できる、懸け橋のような役割を果たしてくれます。

例えば、アンケートの入力フォームを外部に設けた際に
同じフォームでkintoneアプリを作成すると、
打ち込まれたデータがForm Bridgeを通して、kintoneに自動で蓄積されていくのです!
集計も、分析も一気に効率化されるとても便利な機能です。

他にもプリントシステムと連携をし思い通りのフォーマットでプリントを出すことができたり
様々なサービスと連携し更に便利にカスタマイズ可能です。

今回の事務カフェでは、基本的なことを超えてこんなに便利なkintoneの機能を学びましたが
個人的に一番心に残っているのはkintoneの便利機能ではなく(!)
サイボウズ社ではkintoneを人を知るために活用しているという言葉でした。

業務や、交流を通じてその人のことをわかっていくことや
その人と一緒に仕事をしていくことを考えるようになれば、
より一層仕事が楽しくなるのかもしれませんね。

この様に、事務カフェは実際の現場からの声をお聞きしながら
講師の方と率直に意見交換ができる場となっております。
ご興味ある方は是非ご参加してみてください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

次回の事務カフェは…☕

第79回
「ベテランから新人へ 経理を引き継ぐ時のポイント教えます」

「経理の仕事はブラックボックス」とまでは言わなくても、
一人ベテランに任せたら、他の人はノータッチ。
いつしか「◯◯さんしか、わからない」という状態になりがちです。

その◯◯さんが長期休暇に入る、もしくは何らかの事情で辞めるとき、
まさに「経理のピンチはチャンス」。

ベテラン経理を失うのは会社にとって痛いですが、
いろんな見直しをする絶好の機会でもあります。

経理担当が入れ替わる「引き継ぎ時」こそ明確にしたいポイントや、
起きがちなトラブル事例を事前に知って、賢い引き継ぎを行いましょう。

今後の人員計画の中で経理業務を「見える化」しておきたい方も必見です。

弊社代表の五味渕が経理を引き継ぐ為のポイントをお伝えします!

事務代行業で様々な経理現場を目の当たりにして来た五味渕が
これまでの経験を踏まえ、経理現場のあれこれをお話しします。

◆講師:五味渕紀子
出産を機に、社会とつながる大切さを再認識。
家庭と両立しながら働ける人を増やすべく、株式会社YPPを創業。
チームで協力しあって働くことで、
会社でも家庭でも、孤軍奮闘する人を一人でも減らしたい。
仕事の喜びを一人でも多くの人と分かち合いたい為、
西へ東へ奔走中。

――――――――――――――――――――

日時:10月12日 (木)18時~
場所:YPP人形町事務

定員 10名様限定

参加費 お一人様 2000円

お問い合わせ : TEL 03-6661-0758
お申込み窓口 : ypp@omakase-ypp.jp

――――――――――――――――――――

☆今年も事務カフェの収益はすべて
東日本大震災復興支援の活動団体へ寄付させていただきます。
☆2012年度は、思風丸基金の会さんに、
2013年度~2016年度は、シャンティ国際ボランティア会さんの
「走れ!東北移動図書館プロジェクト」への寄付させていただきました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた講師の皆様、本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る