テーマは「変革」 マイクロソフトCEOが語る「未来」

Hit Refresh Book Photo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは。
おまかせ事務代行YPP 五味渕です。

早いもので1月も最終日。
3年ぶりの皆既月食スーパーブルーブラッドムーンが見られる今夜
月の話題とはまったく関係なく
いま刺激を受けている本を紹介します。

多くのビジネスリーダーが出版する本は
第一線を退いてから振り返るものが多いなかで、
マイクロソフトの3代目CEOであるサティア・ナデラ氏が
現役でCEOを務めながら、ビジネスの渦中にありつつ
大変革のさなかに考えていることを顧客や同僚と共有するために書き上げた本です。

間違いなく時代を作ってきた世界で最も影響力のある会社の一つ
マイクロソフト。
AIとクラウドにおいてはナデラ氏自身が
「我々は大成功を収めたが、後塵を拝した部分もある」と述べている通り
創業から約40年、世界中に10万人の従業員を持つCEOが
この劇的な変化にどう対応していくのか
マイクロソフトの社員でなくても、気になります。

変革の時代
「変化を楽しもう」というメッセージを送る人もいますが
実際はほとんどの人が予測を越えそうな未来を前に
「変化を楽しもうと努める」心境ではないかと思います。

「クラウドの先」にあるものとして
「複合現実(MR)、人工知能、量子コンピューター」への技術シフト
と書かれていますが、私にはまだ霞がかかって
おぼろげながらに感じる程度の視界です。

ナデラ氏の
「知ったかぶり」より「学びたがり」に変わろう!
という職場の仲間に向けたメッセージを
同じ時代に生きる一員として、素直に聴きたいと思います。

率直に書かれている本作をまだ読み始めたばかりですが
なんとなく
答えを探すというよりも
自分で考えることの大切さを教えてくれる一冊になりそうな予感がしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る