サイボウズのオフィス見学に行ってきました!

IMG_5144
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは!YPPの日髙です🐷

先日、サイボウズのオフィス見学に行ってきました☆
7月にサイボウズの青野社長の講演を
お聞きする機会があり、
その時に「オフィス見学してみたい!」と思い、
見学に行って参りました🌞
(サイボウズ株式会社:https://cybozu.co.jp/

リアルオフィスって本当にいるの??

青野社長は当初、「リアルオフィスは家賃もかかるし、オフィスをなくして
その家賃代を皆に還元しよう!」と考えたそうです。
社員にそのアイディアを投げかけた結果、
反対したのは意外にも若手社員だったとのことでした。。
「まだ自分が自立できていないから、先輩たちの近くにいた方がモチベーションも上がるし、
学びも速いんです」
「オフィスに集まって、先輩社員に教えてもらいながら仕事をしていきたい。」
そんな意見が多数寄せられ、
だったら、
「自分達が一番働きやすいオフィスをとことん考えて作ろう!」ということで、
試行錯誤して作られたのが日本橋のオフィスなのだそうです。
柔軟な働き方改革を推し進めるサイボウズが
どの様な試行錯誤でオフィスを作ったのか?
YPPに少しでも取り入れられる要素はあるのか!?いや、取り入れる!!
そんな野心で見学ツアーに参加してきました✨

オフィスは動物園!?

Photo_17-09-27-18-31-48.490

最初に私たちをおもてなしをしてくれたのは、ドーン!大きなキリンさんです。
見渡すと、いろいろな動物がいます。
社員さん曰く、いつの間にかどんどん増えていっているとのことでした。
動物さんは、サイボウズの商品になぞった動物が多くいるとのことでした☆
・kintone(キントーン)はキリンさん。
・メールワイズは「め~」ということで羊さん。
若干こじつけ感もありまですが(笑)、その他にも色々あるとのことです😺

それではまず!写真でサイボウズのオフィスをご紹介します★
Photo_17-09-26-17-10-49.424Photo_17-09-26-17-12-09.322

Photo_17-09-26-17-13-04.961Photo_17-09-26-17-11-30.932

会議室は部屋毎に赴きが全く異なります。
色彩も様々。南国風もあれば、落ち着きのあるトーンのお部屋だったり、
どこの会議室を使用するかで、会議の結論が変わりそうです(笑)
面白いなぁと思ったのは一部の会議室、オフィスは壁一面がホワイトボードになっていることでした。
何かアイディアを思いつくと、壁に落書きするかの如くアイディアを書き入れていく。
ホワイトボードではなく、壁に思い立った時に無制限に書くというのは面白いなぁと思いました。
他にもテレビモニター付きの会議室は、収音設備も整っており、
発言者を察知して、カメラが発言者をクローズアップする仕組みになっていました。
キレイでおしゃれな、コミュニケーションが取れやすい空間だけではなく、
IT会社らしいテクノロジーも備えていて、「さすがサイボウズ!」と圧倒されました。

オフィス環境は本当に素晴らしく、働きやすい工夫が多数なされ、とても感動したのですが、
それ以上に私が感動したのが、今回の見学の案内人を務めてくださった社員さんお二人でした。
お二人から、「サイボウズが好きで、サイボウズのファンを増やしていきたい」
という想いが溢れていて、案内される私たちもとても楽しく見学をすることができました。
これが、サイボウズの一番大事にしている「風土」なのだと肌で感じることができました。

ワークスタイル3つの要素:制度、ツール、「風土」

キャプチャ

サイボウズでは
「世界一のグループウェアを目指すのなら、自分たちの会社のチームワークを最高にしよう!」
をモットーに働き方の多様化についてチャレンジし、
「100人いれば、100通りの人事制度があってよい」
と題し様々な人事制度に取り組まれています。
例えば、

・働き方の選択(短時間勤務、週3日勤務、働く場所と時間帯を選べる)
・副業の自由化
・最大6年の育児休暇
・給与を「社内相対評価」から「社外相対評価(市場性)+社内絶対評価」
・退社しても再入社できる育自分休暇

等、様々です。

この様な柔軟な人事制度が出来るのは、
サイボウズの社員一人一人に与えられる「責任と自由」があるからだそうです。
どんなに良い制度を作っても、どんなに素晴らしいツールがあっても
それを使う「自分たち」がうまく運用できなければ意味がありません。
サイボウズが大事にしているのは「風土」づくり。
社員一人一人に、「質問責任」「説明責任」「公正明大(絶対にウソはつかない)」
義務付け、何かあれば徹底的に議論し合う風土が作られているのだそうです。

社員同士が率直に意見を出し合う中で、いろいろなアイディアが醸成され、
それが様々な場所、人に根付き、今のサイボウズオフィスや社員を形成しているのだと感じました。

今回のオフィス見学で、サイボウズの様な「オフィス環境」を取り入れるのは
会社の経済的にまだまだ時間がかかりそうですが、
サイボウズのような「風土」をYPPでも根付かせていきたいと思いました。

本当に学びのある見学でしたので、
このブログを読んで興味を持ってくださった方は、是非見学に行ってみてください😸
https://cybozu.co.jp/customer/tour/index.html?from=mail

青野社長の本もYPP事務所にもありますので、
機会がありましたら是非お読みください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る